イチナナを始めたあなたへ。初心者が気をつけるべきポイントを解説!

イチナナはCMなども増え、大手のライブ配信アプリとして注目を集めています。

広告を見て、実際にイチナナでライブ配信を始めても、

「イチナナを始めてみたけど、何をやればいいの?」
「イチナナを始めたけど、ライブ配信を軌道に乗せるにはどうしたらいいの?」

と不安になることがありますよね?

そこでこの記事では、イチナナを始めたらやるべきことやイチナナの初心者にありがちな注意点を解説しています。

さらに、中級に向けてのポイントも解説していますので、最後まで読んで頂ければ一人前のライバーに近づきます!

人気ライバーになってライバー生活を謳歌しましょう!

イチナナを始めたら必ずやること

イチナナを始めてライブ配信を軌道に乗せるためには、以下の2つが大切です。

・毎日ライブ配信をする
・SNSを活用する

基本中の基本ですがイチナナで人気になるためには大切なことなので、改めて確認してみてください。

やること①:毎日ライブ配信しよう

イチナナ初心者がライブ配信を軌道に乗せるために大切なことの1つ目は、毎日配信を行うことです。

当然イチナナを始めたばかりはファンがいませんし、名前が急に広がることもありません。

そのため、毎日決まった時間に配信して、徐々に認知度を上げていく必要があります

最初は配信にあまりリスナーが来ないかもしれませんが、毎日同じ時間に配信することで徐々に認知されるようになり常連のファンもつき始めます。

また徐々にファンが増えれば定期などで応援してもらえるため、今までよりもファンが増えやすくなりますよ。

やること②:SNSを活用しよう

イチナナ初心者がライブ配信を軌道に乗せるために大切なことの2つ目は、SNSを活用してライブ配信を盛り上げることです。

ライブ配信の告知や、日常生活の様子などをアップして、あなたのキャラと魅力をSNSでアピールします。

イチナナでライブ配信を軌道に乗せるために一番重要なことは、毎日同じ時間に配信を続けることですが、なるべく早い段階で「ライバー用のSNSアカウント」を作ることをおすすめします。

SNSの効果は出るのに時間がかかるため、早い段階で運用を始めましょう。

SNSはライブ配信の告知以外にも、ファン獲得のためや情報発信などに使えるため、積極的に使っていきましょう。

イチナナ初心者がやってしまいがちな注意点

ここでは、イチナナ初心者がやってしまいがちな注意点を以下の3つ紹介します。

・生活感のある部屋を映してしまう
・顔がきちんと映っていない
・配信のお休みも告知する

初心者がやってしまいがちな注意点を知ることでミスを回避できるため、あなたのライブ配信を軌道に乗せるのに役立ちますよ。

注意点①:生活感のある部屋を映してしまう

イチナナ初心者がやってしまいがちな注意点の1つ目は、生活感のある部屋を映してしまうことです。

せっかく髪や顔など身だしなみに気をつかっても、部屋が散らかっていたらリスナーはがっかりしてしまいますよね

リスナーがあなたの配信を見に来てくれるように背景をつけたり、装飾してみたりと工夫してみてください。

たとえ自宅の一角でもライブ配信用に環境を整えることで、リスナーへの印象が変わりますよ。

注意点②:顔がきちんと映っていない

イチナナ初心者がやってしまいがちな注意点の2つ目は、顔がきちんと映っていないことです。

よくある事例は以下の通りです。

・画角が下がりすぎてコメントが顔に被ってしまう。
・配信画面にあふれるラッキー袋に顔が埋もれてしまう。

あなたの顔が隠れてしまってはもったいないので、他の端末で映り方を確認することをおすすめします。

あるいはコミュニケーションの一環として、リスナーさんに写り方を聞いてみるのもありですよ。

他にも失敗例としてよく挙げられる、リスナーとのコミュニケーションのためにコメントを読もうとしてカメラに近寄りすぎてしまうということにも注意が必要です。

リスナー側から見れば、圧迫感があって居心地が悪くなってしまいます

別端末を用意するか、スマホをモニターにつなぐなどしてコメントを安心して追えるようにしてくださいね。

その他にも、「ビューティー機能で肌補正をかけたら顔が白飛びしてしまった」という失敗もあるため、注意してみてください。

注意点③:配信のお休みも告知する

イチナナ初心者がやってしまいがちな注意点の3つ目は、配信について告知しないことです。

体調不良や急用などで、どうしても毎日のライブ配信が続けられないことはありますよね。

イチナナでライブ配信を始めたての頃は固定ファンもいないため、止むを得ず配信を休んでしまったとしてもダメージは少ないです。

しかし、毎日決まった時間のライブ配信を続けて、徐々にファンがつき始めた頃であれば大ダメージです。

イチナナのリスナーにとって、ライバーの配信はもはや日常の習慣の1つであり「配信はあって当たり前」という意識もあります。

配信について告知せずに休止すれば、配信を楽しみにしている視聴者の期待を損ねることになり、最悪はファン離れにもつながってしまいます。

たとえ固定ファンが少ない時期でも、配信の告知などはこまめに打つ習慣をつけるようにしてくださいね。

イチナナに慣れてきたら初心者イベントに参加してアピールしよう

イチナナでは定期的に初心者専用のイベントが開催されているため、ライブ配信に慣れてきたら積極的に参加してみてください。

イベントに参加して配信を継続することでイチナナ内での露出が増えたり、新しいファンの獲得につながったりと、人気ライバーへの道が進めるようになります。

また既存のファンもあなたが勝てるように応援してくれるため、イベントはリスナーとの絆を深める絶好のチャンスです。

イベントを上位でフィニッシュすることで、トップライバーの仲間入りも見えてきますよ。

イチナナの新人イベント例

・新人ライバーの進撃
・巻き起こせ!新人ライバーの疾風
・ぶち破れ!新人ライバーの壁!
など

配信に慣れたら、本格的にイチナナの「認証ライバー」を目指してもいいかもしれません。
【イチナナライバー向け】17の公認ライバーになるためには?

まずは配信に慣れよう!

初心者がイチナナでライブ配信を軌道に乗せるためには、最初はとにかく毎日決まった時間に配信を続けることが大切です。

また、イチナナは初心者のために「17 School」で初心者向けの講習会を行っています。

遠方に住んでいてもオンラインで参加できるため、ぜひ有効活用してくださいね。

1人でライバー活動をすることが不安であれば、思い切って事務所に所属してみるのも選択肢の1つです。

ライバーサーチおすすめのライバー事務所は以下の記事を参考にしてみてください。
【フリーライバー向け】ライバー事務所おすすめ一覧!応募するならココに決まり