【ライブ配信向け】コスパの良いインターネットの選び方を徹底解説!

今使っているインターネット回線から、コスパの良いインターネット回線に乗り換えたいと考えたことはありませんか?

・インターネットの料金が高い…
・回線の種類が多くてなにを基準に選んでいいのかわからない…
・おすすめのインターネット回線はなんなのか…

ライブ配信するとき、安定した高速通信ができる光回線を使うのが基本ですが、光回線のプロバイダーは数多くあります。

しかし、プロバイダーサービスを提供する業者によって月額料金にバラつきがあり、解約するときの手数料がかかる業者も多いです。

実は解約縛りがなく、コスパの良いインターネット回線やプロバイダーがあるだけでなく、スマホのセット割がある業者が存在します。

そこで今回は、プロバイダーの選び方や、おすすめのインターネット回線やプロバイダーを紹介していきます。

コスパの良いインターネット回線を選び、快適なライブ配信ができて、人気配信者として一歩近づきましょう!

ライブ配信においてインターネットがなぜ重要視されるの?

ライブ配信でインターネットはなによりも重要視されます。

その理由を以下にまとめました。

インターネットが重要視される理由
・ライブ配信は高速でかつ安定した速度が求められる
・速度が低く不安定になるとライブ配信が止まったりカクカクする

2つの理由を次に挙げて、解説していきます。

ライブ配信は高速でかつ安定した速度が求められる

ライブ配信は基本的に、高速でかつ安定した速度が求められます。

その条件を満たせるインターネット回線は、光回線です。

光回線はポケットWiFiと違って、ダウンロードとアップロードの通信制限はありません。

しかし、プロバイダーや回線業者の中に、アップロード1日30GBの通信制限を設けているところがあります。

とはいえ、1280×720の高画質で24時間ライブ配信しても、通信量が1時間で1GB程度ですので影響はありません。
※参考:[配信者向け]スマートフォンからのライブ配信時の通信量について – OPENREC

ライブ配信を行うときには、光回線のWiFiを利用するのが基本です。

屋外でスマホを利用したライブ配信をしたいときは、キャリアの大容量プランが必要ですね。

速度が低く不安定になるとライブ配信が止まったりカクカクする

インターネット回線の速度が低く不安定になってしまうと、ライブ配信が止まったり、カクカクします。

こんなインターネット環境でライブ配信をやってしまうと、せっかく来てくれた視聴者が去っていきますよね?

ライブ配信で人気者になっている配信者の共通点のひとつに、安定したライブ配信ができていることが挙げられます。

安定したライブ配信ができているからこそ、視聴者は安心して配信者のライブを視聴し続けられるのです。

インターネットは光回線一択!プロバイダーの選び方の基準を解説

インターネットを選ぶ際は、基本的に光回線一択です。

ここでは、プロバイダーの選び方をまとめていきますが、選び方の基準は5つあります。

プロバイダーを選ぶ際の基準
・光コラボレーション事業者であるか
・初期工事費用を安くできるか
・月額料金が安い
・v6プラスに対応しているか
・スマホとのセット割が適用できるかどうか

5つの基準をそれぞれ挙げて、解説していきます。

基準その1.光コラボレーション事業者であるか

プロバイダーが光コラボレーション事業者であるかという部分が重要です。

なぜなら、光コラボレーションが提供するインターネット回線の月額料金が非常に安いことにあります。

通常、光回線を使用するときは「フレッツ光月額料金+プロバイダー月額料金」と、2つの月額料金を支払い続けなければなりません。

内容によりますが、時として月額料金の合計が1万円程度になってしまいます。

光コラボレーションは、フレッツ光とプロバイダーがセットになったサービスを提供します。

月額料金があまり変わらないと思われがちですが、光コラボレーションだと通常の半額以下の月額料金であるのがほとんどです。

安くなったからと言って、インターネットの品質が変わるわけじゃないので、特に理由がなければ、光コラボレーション事業者を選びましょう。

光コラボレーションモデル事業者様」及び「お取り扱いサービス」一覧
・NTT東日本  ・NTT西日本

基準その2.初期工事費用を安くできるか

初期工事費用を安くできる方法は、主に2つあります。

初期工事費用を安くできる方法
・キャッシュバックで初期工事費用を補填する
・初期工事費用無料のキャンペーンを利用する

もちろん、プロバイダーによって初期工事費用を安くできる方法は異なります。

そういったキャンペーンがあれば、積極的に活用しましょう!

基準その3.月額料金が安い

月額料金が安いからと言って、品質が低下しているとはかぎりません。

光コラボレーションを提供するプロバイダーなどの業者は他社との価格競争などで、月額料金を安く設定しています。

だから、高かったはずの月額料金が安いというわけです。

基準その4.v6プラスに対応しているか

v6プラスとは、「IPv4 over IPv6接続サービス」の名称です。

v6プラスを利用すれば、時間帯に関係なく安定した高速通信が実現できます。

ただしv6プラスを利用するためには、以下の条件が求められます。

v6プラスの利用条件
・プロバイダーがv6プラスに対応しているか
・対応されているWiFiルーターを用意すること

v6プラス対応のルーターは、こちらJPNEの「v6プラス(IPv6/IPv4インターネットサービス)」を参照ください。

ちなみに、v6プラスと同等の技術が他にもあります。

ソフトバンク光の場合は「IPv6高速ハイブリッド」フレッツ光の場合は「DS-Lite」が、V6プラスと同等の技術サービスを提供しています。

プロバイダーや回線事業者によって技術の名称は異なりますが、「IPv4 over IPv6接続サービス」の技術を採用しているのが共通点です。

基準その5.スマホとのセット割が適用できるかどうか

スマホとのセット割が適用できるサービスを提供しているプロバイダーがあります。

例えばSoftbank光ならソフトバンクのスマホセット割が使えるとか、DTI光を選んだらauとドコモの両方のスマホ割が使えるなどです。

Softbank光とDTI光は後ほど、「おすすめのインターネット回線5選を紹介!」という見出しで解説していきます。

キャリアのスマホならキャリアが提供している、または提携している光回線であれば適用可能です。

固定電話を設置したほうがいい?

固定電話を設置したほうがいいのかと言えば、わたしは設置したほうがいいと断言します。

その理由を以下にまとめました。

固定電話を設置した方がよい理由
・クレジットカードやローンを申し込む際に固定電話が欠かせないから
・スマホの電話番号を知られたくないから

NTT東日本、またはNTT西日本に申し込めば固定電話を設置できますが、もう少し効率よく申し込めないのかと気になりませんか?

その場合は、ソフトバンクが提供しているBBフォンがおすすめです。

Softbank光と契約しないとBBフォンは利用できないというデメリットはありますが、逆に言えば、Softbank光と契約すればBBフォンを同時に利用できます。

Softbank光ではなく、Softbank Airでも問題はありません。

今後、様々なサービスを利用するのなら、BBフォンなど固定電話が欠かせません。

おすすめのインターネット回線5選を紹介!

おすすめのインターネット回線は5種類あります。

おすすめのインターネット回線5選
・Softbank光
・Softbank Air
・NURO光
・DTI光
・So-net光

5種類のインターネット回線を次に挙げて、特徴やおすすめする理由を紹介していきます。

ソフトバンクユーザーで長く利用するならSoftbank光

Softbank光は、ソフトバンクユーザーにおすすめです。

その理由は、ソフトバンクのスマホを持つユーザーを対象としたスマホ割が適用されることにあります。

「おうち割 光セット」というサービスで、月額料金が最大1,000円割引されるという内容です。

ソフトバンクユーザー、またはソフトバンクのサービスと新規契約する方、他社から乗り換えることを考えている方は、Softbank光がおすすめです。

初期工事費無料!安定した無線通信を求めるならSoftbank Air

光回線じゃなくてもいいので、気軽に容量無制限のインターネットを始めたいという方は、Softbank Airがおすすめです。

申し込み後、自宅に送付されたSoftbank Airの本体をコンセントに差し込むだけで、WiFi通信ができます。

ただし、一部の地域では利用できないため申し込みの際には注意が必要です。

幸いにも、こちら「Wireless City Planning 株式会社」の公式サイトでエリアを確認できるので、Softbank Airを申し込む前にエリアを確認しましょう。

圧倒的な速さと安定性を誇るNURO光

NURO光は、光回線を超える圧倒的な速さと安定性を誇ります。

しかし、利用できるエリアが光回線より限られているのがデメリットです。

NURO光のエリア内に住んでいる、という方はぜひNURO光を選ぶことをおすすめします。

解約縛りなし!auユーザーとドコモユーザーならDTI光

DTI光は、解約縛りがないのが特徴です。

もうひとつの特徴は、auユーザーとドコモユーザーを対象としたスマホ割にあります。

DTI光のスマホ割引
au:月額最大1,320円割引
ドコモ:月額最大1,100円割引

1,000円以上の割引が、毎月適用されます。

縛りなし、auまたはドコモのユーザーという方は、DTI光がおすすめです。

長いお付き合い希望!ネットとゲームを楽しむならSo-net光

So-net光は、解約手数料はあるものの月額料金が2480円から利用でき、特典やサービスが充実しているのが特徴です。

さらに、auユーザーを対象としたスマホ割もあるので、auユーザーにとっては嬉しいと言っても過言ではありません。

ライブ配信、ネットとゲームを楽しむなら、So-net光がおすすめです

まとめ

コスパの良いインターネット回線について紹介しましたが、内容をざっくりまとめると、以下の通りとなります。

・インターネットは光回線が基本でライブ配信に欠かせない
・光コラボレーション事業者のプロバイダーを選べば月額料金が格安になる
・ソフトバンクなどスマホ割ができる、おすすめのインターネット回線を紹介

ライブ配信を行うときは、より良いインターネット環境を求めなければなりません。

自分に合ったインターネット回線を選び、ライブ配信やオンラインゲームやネットサーフィンを満喫しましょう!