【徹底解説】イチナナのロイヤリティとは?還元率や報酬確認、換金の仕方を解説します

ライブ配信をしながら稼ぐことができるイチナナが人気を集めていますね。ライブ配信をしていたら「ロイヤリティ」という単語を目にしませんでしたか?

「ロイヤリティってどういう意味?」
「普通の還元率とは違うの?」

と思ったあなたへ!

この記事で紹介すること
・ロイヤリティの意味
・ロイヤリティの還元率やもらい方
・ロイヤリティを増やすためのコツ

ロイヤリティについての意味や還元率などを詳しく知ることで、より効率的に収入を増やすことができるようになりますよ!

今より稼げれば欲しい物が沢山買えるようになりますよ。

イチナナ(17Live)のロイヤリティとは?

イチナナでライブ配信を始めたのであれば、ロイヤリティについて深く知っておいた方がいいでしょう。

仕組みを理解することで、今後のライブ配信に活かせてやりがいを感じられますよ

ロイヤリティについて

イチナナのロイヤリティはライブ配信で稼いだポイントを運営会社と分け合い報酬としてもらうことを指します。

「リスナーからのギフトは全て報酬にならないの?報酬が少なくなるじゃん!」と思うでしょう。現実はそう甘くありません。

運営会社も良いサービスを提供するためにいくらかのお金が必要です。

「良いサービスを提供する代わりにいくらか利用料ちょうだいね」という意味合いで報酬の全てをもらえない仕組みとなっています。

ロイヤリティの還元率について

ロイヤリティについて知ったところで、次の知識として取り入れたいのは「還元率」です。

還元率が高ければ高いほど報酬が多い割合でもらえる計算です。

イチナナの場合、正式には発表されていませんが、配信者などの情報によると還元率は13%~50%とされています。

例えば、1,000円分稼いで還元率が13%だと手元には130円程度しか入ってきません。また、50%の場合は500円手元に入る計算です。

還元率によって稼げる難易度も違うので、「報酬はいくらか入ればいいや」と適当に考えず、どれくらいの割合でもらえるのか把握しておくと、手元に入る報酬も増やしやすくなりますよ。

引用元:イチナナ公式ライバーの報酬とは

ロイヤリティの還元率は一般と公式ライバーで違う!

実はロイヤリティの還元率は一般ライバーと公式ライバーで全く違います。次にわかりやすく還元率の違いを比較しています。

・一般ライバーは13%~30%の還元率
             
どちらのライバーも最大で30%や50%の還元率ですが、実際は一般ライバーが13%、公式ライバーが30%とほとんどの方が低い還元率です。

関連記事:【イチナナライバー必見】17で事務所は必要?公式と一般の違いを解説!

ロイヤリティはどこで確認できるの?

ロイヤリティはイチナナのアプリから確認できます。

自分のロイヤリティを確認できれば、「もっと稼ぐぞ!」と配信へのモチベーションへつながりますよ。

レポートから確認が可能

アプリのロイヤリティレポートという部分からいつでも確認できます。レポートには次のようなデータを見られます。

・今月、先月のロイヤリティ
・収入ランキング
・もらったギフトの確認など…
複数の情報を確認することができるので、頻繁に確認して報酬をもっと伸ばせないかなど、配信への戦略を立てるために利用するといいでしょう。

ロイヤリティが確認できる人は限られている

ロイヤリティは以前まで誰でも確認することができましたが、ルールが変更になり次の条件を達成しないと確認ができないようになりました。

・1日60分以上ライブ配信をしている
・ロイヤリティが100ドル以上たまっている(日本円にして10,000円以上)
・公式ライバー
上記全ての条件を達成するのではなく、どれか1つだけ達成していれば確認は可能です。

公式ライバーやロイヤリティが100ドル以上は厳しいにしても、1日60分以上の配信の条件は誰でも達成できるでしょう。

ロイヤリティはどうすればもらえるの?

ライブ配信の初心者がいきなりロイヤリティをもらうのは難しいですが、どのような条件でもらえるのか知って、早めにもらえるように意識しましょう!

ギフトからもらえる

ロイヤリティはリスナーからのギフトでもらうのがメインです。

リスナーがあなたのライブ配信を「面白い」「応援したい」と思った場合にギフトが送られます。

ギフトのうち、還元率をもとにいくらか手元に入る仕組みです。

つまり、リスナーに応援してもらわなければ、ロイヤリティはもらえないということです。

リスナーがいかに大切な存在なのかわかりますね。

ガーディアンやアーミーでもらえる

イチナナにはガーディアンやアーミーという制度があり、リスナーがお金を払って使う機能になります。

ガーディアンやアーミーでの支払額はライバーのポイントになりロイヤリティへとつながります。

ガーディアンに関してはオークション形式で1人しかなれないので、人気が出るとガーディアンだけでも多くの報酬がもらえるでしょう。

プライズやボーナスポイントでもらえる

プライズポイントやボーナスポイントでもロイヤリティをもらうことは可能です。
どのようなサービスなのか次にまとめています。

・プライズポイントはイベントなどで好成績だともらえるポイント
・ボーナスポイントは1,000回の視聴回数で100円分のポイントがもらえる
ボーナスポイントは視聴回数が増えればもらえますが、プライズポイントはイベントに参加しないともらえません。

ですので、ロイヤリティをもらうためにイベントへの参加を多くしましょう!

ロイヤリティを獲得するコツとは?

ロイヤリティを獲得するのは簡単なことではありません。一つ一つの努力の積み重ねが報酬へとつながります。

ライブ配信でロイヤリティを獲得するコツをつかめば、自然と報酬も増えていくでしょう。

企画を立て飽きない配信を心がける

ロイヤリティを獲得するためには雑談ばかりでなく、リスナーが面白いと思えるような企画を立てて飽きのこないライブ配信を心がけましょう

普通の雑談を長時間続けてもリスナーは飽きてしまい、ライブ配信から離脱する可能性があります。

視聴者数が減ってしまえばその分もらえるギフト数も減るということです。

ギフト数が減るとロイヤリティも減るので、リスナーを飽きさせないためにカラオケをしてみたり、ゲーム実況をしてみたりと楽しませる配信を心がけてください

リスナーとのコミュニケーションはおろそかにしない

ロイヤリティを獲得するためにはリスナーとのコミュニケーションが重要です。

コミュニケーションを円滑にすることで、あなたへの好感度もアップして応援したくなり、ギフトをもらえる数も増えるでしょう。

例えば、リスナーからのギフトには毎回お礼を伝える、ライブ配信に来た人にはあいさつをするなど簡単にできることから挑戦してください。

事務所に所属する

ロイヤリティを多く獲得したい場合は公式ライバーになることをおすすめします。

一般ライバーはいくら頑張っても還元率が低いので報酬が少ないです。

しかし、事務所に所属することで、還元率は10%~30%程度上がるので、事務所に所属して損はないでしょう。

ロイヤリティはどうすれば換金できるの?

ロイヤリティを換金する方法は次の通り2つ存在します。

・ペイパルを利用して現金にする
・イチナナで利用できるギフトポイントにする
どちらの換金方法もポイントが10,000円以上なければいけません。

ちなみに、現金にするよりもイチナナで使えるギフトポイントの方が還元率は高くなります。

まずはリスナーを楽しませてみよう!

イチナナでライブ配信を始めたばかりだとロイヤリティについて覚えるのもやっとです。

しかし、ロイヤリティの仕組みを意識すれば、ライブ配信も戦略的にできるようになり、モチベーションも変わっていくでしょう。

ライブ配信へのモチベーションが上がれば、「配信を今よりもいいものにしよう!」と前向きな気持ちになり、配信がリスナーにとって面白いものへと変化をとげるでしょう。

ファンが増えて、収入が増えればどんどん生活が豊かになりますよ!

関連記事:イチナナはちゃんと副業になります。イチナナライバーで稼ぐポイント