【初心者必見】ネットで稼ぐインターネット副業のコツをお教えします。

外にでるのが難しい時期が続き、アルバイトや就職がしづらく、仕事がしにくいですよね。

そこで在宅でもできる、インターネットを使った仕事をして稼ごうと思いつく方も多いです。

しかし実際に挑戦しようと思っても、

・具体的にどんな方法があるのかわからない
・どれくらいの金額が稼げるのか

とインターネットを使った仕事に対する知識不足から不安になってしまいがち。

この記事では初心者でも稼げるインターネットビジネスについてご説明し、具体的な方法を7つご紹介します。

自宅に居ながら稼ぐことができれば、感染症に感染するリスクなく、安心してお金に余裕のある生活が送れるようになりますよ。

インターネットで稼ぐとは?

一口に「インターネットで稼ぐ」といっても、やり方はさまざま。

例として、自分主体で発信していくもの、仕事の依頼を受けていくもの、サービスを提供するものなどがあります。

「インターネットで稼ぐ」と聞くと、あやしく感じてしまいがち。

ですが、実際は全てがあやしいわけではありません。

インターネット上での仕事があやしかった時代から変わり、今は当たり前のようにインターネット上で仕事の契約が結ばれています。

あなたが利用するサービスのような身近なところでも、仕事の契約が結ばれているのが実情です。

安全であなたに合う仕事があればチャレンジしたいですよね。

ただし、特定のスキルが必要な場合もあるので少し注意が必要です。

ここからは、スキルの必要性や初期投資の有無などにわけて、インターネットで稼ぐ方法をくわしくご紹介します。

インターネットで稼ぐ方法

ここでは7つの方法をご紹介します。

■スマホのみ・初期投資が少ない方法
■PC・ある程度のスキルが必要な方法
■PC・初期投資が必要な方法
■PC・ある程度のスキル・初期投資が必要な方法

にわけてお伝えしていくので、あなたに合った方法をみつけてくださいね。

スマホのみ・初期投資が少ない方法

スマホだけで始められ、スキルがあまり必要なく、初期投資が少ない方法であやしくないものはあまりありません。

また、安全であっても少額しか稼げなかったり、労力に対して見合わない報酬しかもらえないことも多くあります。

そんななかで、一番おすすめできるのが、ライブ配信です。

ライブ配信

ライブ配信はスマホさえあればはじめられる手軽さが特徴です。

ライブ配信アプリはたくさんあるので、あなたが気に入ったアプリを使うとよいでしょう。

たいていのアプリには配信をすると報酬をもらえる仕組みが用意されています。

視聴者に投げ銭としてプレゼントをしてもらったり、配信の盛り上がりや時間などに応じて運営からもらったりなど、アプリによって様々な稼ぎ方があります。

どのアプリでも共通することは沢山のリスナーと楽しめているかどうかです。

沢山配信したり、なにか企画をしてみたりすることでリスナーやファンを増やします。

みんなで一体となって楽しみながら報酬をもらえるのでとっても魅力的ですよね。

ライブ配信アプリでの稼ぎ方はこちらの記事でも解説しています!
【初心者ライバー必見】ライブ配信で稼ぐコツをお教えします!

アンケートモニターへの参加

アンケートモニターとは、アンケートや調査に答えて、それに対する報酬をもらう方法のことを指します。

具体的には、Webアンケートや郵送アンケート、商品モニター、会場調査、インタビューなどです。

Webアンケートでは1つにつき数円~数十円、またはポイントがもらえ、郵送アンケートでは平均500~1000円程度の報酬がもらえます。

商品モニターは平均500~2000円程度であり、会場調査は2000~5000円程度が支払われます。

インタビューは単価が高いものも多いですが、なかなか募集されません。

外に出ずに稼げるのは、Webアンケートや郵送アンケート、商品モニターですが、これらの単価は高くないので、労力に見合わない可能性があります。

アンケートモニターに参加するのは、少額でもとりあえず稼いでみたい方におすすめの方法です。

PC・初期投資が必要な方法

パソコンを持っていて、ある程度投資ができるのであれば、オンラインショップ経営をおすすめします。

初期投資のリスクがある分、リターンも大きいのが特徴です。

オンラインショップ運営

オンラインショップは、モノやサービスをインターネット上で売るWebサイトのことです。

オンラインショップを経営するには、まず販売する商品が必要になります。

そのための資金は必要になりますが、今回ご紹介する他の方法よりもスキルは必要ありません。

商品の管理や注文管理、サイトの管理なども必要になってくるので、お金と心の余裕がある人におすすめです。

PC・ある程度のスキルが必要な方法

自分が得意なことがあり、パソコンももっているのであれば、ライティングやサイト制作がおすすめです。

こちらは「仕事」感が強いですが、できるようになれば堅実に稼ぐことができます。

ライティング

ライティングとは、文章を書く仕事のことを指します。

人に伝わりやすい文章を書くのが得意で、パソコンをもっている人にぴったりの仕事です。

「文章を書くぐらい誰にでもできるんじゃ?」と思うかもしれませんが、実は仕事として書くのにはきちんとしたスキルや知識が必要になります。

クラウドソーシングサイトなどで簡単な仕事から請け負ってみてもいいかもしれません。

サイト制作

サイト制作とは、Webサイトの設計やデザイン、コーディングをする仕事のことです。

サイト制作は、ライティングよりも専門的なスキルを最初から必要とするので、初心者は取りかかりにくく感じるかもしれません。

とくにコーディングでは、プログラミング言語を用いてコードを書いていきます。

そのため、プログラミング言語を勉強し、ある程度理解できなければなりません。

学ぶことが苦ではなく、コードを書くのが楽しいと思う人におすすめです。

PC・初期投資・ある程度のスキルが必要な方法

パソコン・スキル・専用の機材の3つが必要になのでハードルが高いです。

ですが、その分楽しく、自分の好きなようにできるのが動画編集YouTuberイラストレーターです。

大変ですが、報酬は高いので、沢山稼ぎたい人は挑戦してみても良いかもしれません。

YouTuber

昨今、小中学生のなりたい職業ランキング上位にランクインしている職業、YouTuber。

楽して遊びながらお金を稼いでいるイメージの方もいるかもしれません。

しかし、リサーチや台本作成、動画編集など、さまざまな工程を経て1本の動画ができあがるので、とても大変な仕事です。

また、最初から収入を得られるわけではなく、さまざまな条件をクリアしなければなりません。

そのためにはスマホや無料動画編集ソフトなどではなく、カメラやパソコン、有料動画編集ソフトが欲しくなるでしょう。

カメラや編集ソフトなどの初期投資も必要なので、動画作成を本気でやりたい人にはおすすめです。

動画編集

動画編集はYouTuberの仕事の1つですが、大変な作業なので、外注している人も多くいます。

その場合、多くのYouTuberが使用しているAdobeのソフト、Premiere Proを使用することが多いです。

Premiere Proを使用するには、月額2480円かかるので、費用が必要です。

また、編集スキルやセンスも必要になるので、ただインターネットで稼ごうと思っている方にはハードルが高いかもしれません。

動画編集をやりたい意思はあるけど、動画一本をいちから作成はやりたくないという方にはおすすめです。

イラストレーター

イラストを描いている人ならば、一度はイラストレーターになりたいと思ったことがありますよね?

タブレットがあればパソコンがなくてもイラストを描くことはできますが、仕事にするならパソコンを使った方がなにかと便利です。

また、ソフトも無料のものもありますが、多くのイラストレーターはCLIP STUDIO PAINTや、Photoshopなどの有料ソフトを使用しています。

時間とお金に余裕があり、イラストレーターに憧れがある人におすすめです。

まずはライブ配信を初めてみよう!

もしまだ悩んでいるのであれば、最初に紹介したライブ配信が一番おすすめです。

スマホひとつあれば始められ、スキルやお金はほとんど必要ありませんし、何より視聴者と雑談したり、自分の趣味を披露したりするだけで楽しく稼ぐことができます。

しかも、実は人気のライブ配信者になると、YouTuberと変わらないくらいの報酬を得ることもできるんです!

簡単でハードルが低いのに、楽しみながらたくさん稼げる可能性のあるライブ配信。

アプリをインストールするだけではじめられるので、ぜひあなたも試してみましょう。