【初心者ライバー必見】ライブ配信で稼ぐコツをお教えします!

コロナ禍で在宅ワークなどが増え、収入に影響を受けている方も多いでしょう。

在宅で楽しみながら稼ぐことができると評判のライブ配信を利用して、お小遣いを稼ぎたいと考えている方もいるはずです。

しかし、スマホ一つで始められるライブ配信アプリをインストールしてみても、どのように稼げばいいのかイマイチわからないですよね。

「ライブ配信で稼ぐコツが知りたい」
「効率よく稼ぐ方法はないのかな?」

ライブ配信をなんとなく続けているけど思うように稼げていない方へ、

この記事で紹介すること
・ライブ配信で収益化する仕組み
・ファンを増やすためのコツ5つ
・稼ぎやすいライブ配信アプリ3選
・ライバー事務所のサポート

この記事を読めば、稼げていなかった状態を打開することができちゃいます!

ライブ配信が楽しくなってくれば、ファンが増えるだけでなく順調に稼げるようになるので欲しかった洋服などを購入することだって可能ですよ。

ライブ配信で収益化する仕組み

ライブ配信を行って収益化する仕組みを解説します。

楽しく稼げると評判のライブ配信アプリは、アカウントを作成・配信を開始するだけで稼げるわけではありません!

ライブ配信を収益化するための流れをしっかり確認しておきましょう。

投げ銭が収益につながる

ライブ配信では、リスナーからもらった”投げ銭(アイテム)”がライバーの収益につながります。

ただし、投げ銭の100%が収益として獲得できるわけではありません。

利用するアプリによって還元率は異なりますが、アプリ利用料などから〜80%ほど差し引かれた報酬がライバーの収入として獲得できる仕組みです。

視聴時間や盛り上がりが換金ポイントになる

主にライブ配信アプリ「Pococha(ポコチャ)」での場合、リスナーから視聴された時間や配信中の盛り上がりが換金ポイントとして還元されます。

アプリ運営から詳しいアナウンスは出されていないのですが、アイテム数コメント数などさまざまな点から算出され配布される換金アイテムが収入になる仕組みです。

イベントに参加する

ライブ配信アプリでは、ライバー・リスナー全員が盛り上がれるように、数多くのイベントが用意されています。

例えば、CMへの出演権をかけたイベントだったり賞金が出るイベントだったりさまざまです!

イベントには参加条件が設定されている場合もありますので、自分の実力も考えながら積極的に参加することをおすすめします。

ファンを増やすためのコツ5つ

ライブ配信を収益化しているライバーたちは、数多くのファンがいて毎回の配信にたくさんの投げ銭が投げられるので、安定した報酬を獲得することができるんです。

稼ぐためには投げ銭の獲得が1番の近道ですが、そのためにはファンを増やす必要があります

ライブ配信を始めてみたものの収益につながらない方は、ファンを増やすためのコツを読んで自分のライブ配信に役立ててくださいね

1.決めた時間に毎日配信を行う

ライブ配信は決めた時間に、なるべく毎日行うようにしましょう。

配信にリスナーが集まってこなくても、諦めないで継続することが重要です。

同じ時間にライブ配信を行うことで、ログインしているユーザーが「このライバー毎日この時間に配信しているんだ」「見に行ってみようかな」と興味を引くことができます。

「この時間はこのライバーのために空けておこう」と思ってもらえるようなライバーになれるように、継続していきましょう!

2.長時間の配信を心がける

ライブ配信は毎回1時間以上行うことが望ましいです。

朝と夜などに分散してライブ配信を行うと、効率よく初見リスナーの集客に結びつけることができるのでオススメです。

また、長時間の配信はライバーの新規開拓をしようとしているリスナーにも見つけてもらいやすくなりますよ!

すぐに集客することは難しいですが、健気に頑張っている姿を視聴してもらうことで、「応援しようかな」と思ってくれるファンは必ず獲得できます。

3.初見リスナーの参加を見逃さない

ライブ配信を行っている際に、視聴しに来てくれた初見リスナーには必ずリアクションをしましょう。

名前を呼んで挨拶をしたり、初見リスナーのプロフィールを声に出して読んだりできることはたくさんあります。

もしも、自分がリスナーとして誰かの配信へ参加した際に、反応がもらえなかったら悲しい気持ちになりますよね。

ライブ配信の盛り上げには、リスナーからのコメントが不可欠です。

なるべく早く初見リスナーに反応して、楽しんでもらえるように心がけるとファンの獲得につながります。

4.アイコンやプロフィールに工夫をする

リスナーはライブ配信を視聴する場合、配信しているライバーのアイコンやプロフィールをチェックしてから参加することがほとんどです。

可愛い・格好いいライバーの写真に惹かれて視聴するリスナーもいれば、画像に”どのような配信をしているのか”が明確に文字入れされていて好感を持つリスナーもいます。

自分がリスナーになった時、どのようなライバーの配信に参加してみたいか考えてみるとアイコンやプロフィールのクオリティは向上します。

また、プロフィールには自分の好きなことを詳細に書いておくと、同じ趣味を持ったリスナーが視聴しに来てくれることがあるのでおすすめです。

5.リスナーとして活動する

自分がライブ配信を行っていない時間帯は、なるべく他のライバーが行っているライブ配信を視聴するようにしましょう

視聴しているライブ配信でコメントをする回数を増やしていけば、その配信を行っているライバーや視聴しているリスナーたちに認知されるようになります。

仲良くなることができれば、自分のライブ配信にも来てくれるようになるので、地道な活動ですがとても重要です。

また、リスナーとして活動することのメリットは”つながり”を作るだけではありません

人気ライバーがどのような内容の配信をしているのか、リスナーたちへどのようなリアクションをしているのか参考にすることができるんです。

自分の配信に何が足りないのかを客観的に捉えることができるので、しっかり観察して自分のライブ配信に活かしましょう。

アプリを変えてみるのもアリ

さまざまな方法を試して、どうしても収益が上がらないという方は使用するライブ配信アプリを変更するのも一つの手段です。

例えば、「17Live(イチナナ)」では稼げなかったけど、「Pococha(ポコチャ)」に変えたことで想像以上に稼ぐことができたというライバーも中にはいます。

アプリによってユーザーの雰囲気や人気が出やすい配信内容などが異なることを覚えておきましょう。

さまざまなライブ配信アプリを利用してみると、自分に合うアプリを発見することができるかもしれません。

稼ぎやすいライブ配信アプリ3選

稼ぎやすいと評判のライブ配信アプリを3種類紹介します。

現在利用しているライブ配信アプリで稼げないと感じている方は、ぜひチェックしてみてください。

1.「17Live(イチナナ)」

「イチナナ」は、ライブ配信アプリの中でも最も稼いでいるライバーが多いことで有名です。

トップライバー にもなると月収100〜1,000万円にもなるので、夢があるアプリとして人気を集めています。

成果型報酬が「イチナナ」での稼ぎ方なので、配信してファンから投げ銭をたくさんもらうほど報酬も多くなるんです。

ユーザー数が多い分ライバルも多いですが、投げ銭を投げてくれるリスナーの数も多いので興味が引ける配信を企画することができれば、稼ぐことができちゃいます!

2.「Pococha(ポコチャ)」

「ポコチャ」には、投げ銭制度がありません

代わりに、盛り上がりダイヤ・時間ダイヤを獲得して換金することができます。

盛り上がりダイヤとは
リスナーからプレゼントしてもらったアイテム数やコメントなどによって算出される、換金アイテムのことです。

時間ダイヤは配信時間に応じて配布される換金アイテムなので、安定して稼ぎたいと考えている方は「ポコチャ」での配信をおすすめします。

3.「ふわっち」

「ふわっち」はニコ生の雰囲気に似ていて、従来のライブ配信アプリとは異なるアンダーグラウンドなユーザーたちの多いアプリとなっています。

稼ぎやすい理由は、運営が”投げ銭の換金率”50%”と明記しているからです。

50%は高い設定なので、ライブ配信で稼ぎたい方は一度インストールを検討することをおすすめします。

また、リスナーに注目されやすいイベントにも新人ライバーのうちから参加することができるので、稼げるチャンスがたくさんあるのが特徴です。

ライバー事務所のサポート

ライブ配信で自分が思っているように稼げないと悩んでいる方は、ライバー事務所への所属をおすすめします。

ライバー事務所は、所属するライバーが稼げるようにマネジメントしてくれるので安心して配信に集中することができるんです!

1人のライバーに担当マネージャーがつくなど、事務所によってさまざまな待遇でサポートしてくれるので不安を感じている方は話を聞いてみるのもいいかもしれません。

ライブ配信で稼ぐには戦略も必要

ライブ配信アプリで稼ぐには、がむしゃらに配信を継続して行うのではなくファンを増やすための努力をするなど、戦略を考えなければいけません。

ファンを増やすことで配信は盛り上がりますし、投げ銭(アイテム)も確実にアップします。

配信を始めてすぐに稼げるライバーはほとんどいないので、自分のペースで焦らずライブ配信を行いましょう!