SHOWROOMでカラオケってどうやればいいの?全部の方法を徹底解説!

SHOWROOMで他のライバーがカラオケ配信しているし、自分もカラオケに挑戦してみたいと思ったことはありませんか?

しかし、いざカラオケ配信に挑戦しようとすると、

・カラオケ機能ってどうすれば使えるの?
・著作権違反にならないのかな?
・勝手に楽曲を使っていいのかな?

などの悩みで頭の中がいっぱいになり、結局カラオケ配信を断念していませんか?

この記事を読めば、次の3点について知ることができますよ。

この記事で解説すること
・カラオケ配信する場合の注意点
・SHOWROOMでカラオケ機能を使える条件
・著作権違反しないための申請方法

上記の3点についてしっかり気を付ければ、カラオケ機能に登録されていない曲でもカラオケ配信が楽しめます。

その結果、リスナーのリクエストにも答えやすくなり、仲がぐっと縮まりますよ!

カラオケする場合の注意点とは?

カラオケ機能にない楽曲やアマチュアライバーで通常配信でカラオケをしたい場合は、事前に楽曲の申請が必要です。

「歌うだけだから、問題ないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、申請せずに勝手に歌ってしまうと著作権違反になる可能性があり、最悪の場合配信を止められる可能性も考えられます。

申請した楽曲全てを自由に使っていいわけではなく、配信での使用方法によってはレコード会社などへの許諾が必要になるので注意が必要です。

演奏や歌う場合は申請が必要

楽曲を演奏や歌う場合は、事前にJASRACまたNexToneへの申請が必須です。

次のような配信行為については申請が必要です。

・ギターやピアノを使い好きな楽曲を演奏
・アカペラで好きな曲を歌う
・ワンフレーズを歌う

配信する前に、必ずチェックしておきましょう。

楽曲申請せず上記のような行為をした場合、著作権違反に引っかかる可能性があり、トラブルに発展することも考えられるので必ず事前に申請しましょう。

著作権があるので配信では曲を流してはいけない

基本的に、著作権がある楽曲は配信中に流してはいけません。

例えばCDを流して歌ったり、BGM代わりに音楽を流したりすることは著作権違反になります。

どうしてもCDを流したい場合は、JASRACまたNexToneへの申請とレコード会社や権利者への許諾が必要ですが、個人の利用には許可してもらえない可能性が高いと考えておきましょう。

カラオケ店での配信もダメ

カラオケ店で音源を流して配信する行為についても、JASRACまたNexToneへの申請の他に、レコード会社や権利者への許諾が必要です。

先ほどもお伝えしたとおり、曲使用の許可が下りない可能性が高いので、好きな楽曲でカラオケ配信をしたい場合はSHOWROOMで申請をしてからアカペラやギター演奏で配信するようにしましょう。

自分の楽曲や著作権フリーの音楽は申請不要!

SHOWROOMでカラオケをする場合、自分の楽曲や著作権フリーの音楽であればJASRACやNexToneなどへの事前申請は必要ありません

ただし、著作権フリーでもライブ配信での使用を禁止しているところもあるので、楽曲提供サイトの規約をしっかりと読んでから利用しましょう。

公式のカラオケ機能を使えば大丈夫

SHOWROOMのカラオケ機能はDAMと提携しているので、著作権を気にせずカラオケを楽しめます。

カラオケボックスよりも音源は少ないですが、それでも8万曲の中から好きな曲を選べ、歌うことができますよ。

また、カラオケ機能はただ音源が流れるだけでなく、BGM音量やリバーブと言って、エフェクトのような機能が使えるのも配信者としては魅力的です。

カラオケ機能を使えるようになるには?

SHOWROOMのカラオケ機能は、誰でも自由に使えるわけではありません。

利用できるライバーには一定の条件があるので、チェックしておきましょう。

公式ライバーになりカラオケ機能を利用する

公式ライバーであれば、カラオケ機能は通常配信、イベント配信と制限なしで、いつでも使えます

だからといって、DAMが提供している楽曲以外を使ったカラオケ配信については、申請が必要なので注意しましょう。

後ほど、カラオケ配信の注意点などについても解説していきます。

アマチュアライバーはカラオケのイベントに参加が必要

事務所に所属していないアマチュアライバーは、自由にカラオケ機能を使うことができません。

機能を使うにはカラオケのイベントに参加する必要があります。

「自由にカラオケ配信をしたい!」と思う方もいるかもしれませんが、イベント以外のカラオケ配信をしたい場合は、楽曲申請もしくは公式ライバーになる手段しかないことを覚えておきましょう。

カラオケ機能にない楽曲で配信することも可能

SHOWROOMのカラオケ機能に登録されている楽曲は、市場に配信されている楽曲の3分の1程度です。

そのため、歌いたくてもお目当ての曲が見つからない可能性もあります。

ですが、歌いたい楽曲がJASRACやNexToneに登録されていれば、申請して歌うことができますよ。

歌える楽曲が増えるので、さらにカラオケ配信が楽しめます。

公式にない曲を使いたい場合は申請すれば大丈夫

SHOWROOMでカラオケ機能にない楽曲を配信で使いたい場合、事前に申請することが必要です。

申請についてはSHOWROOMのアプリから操作が可能ですので、次の手順で申請してください。

1:配信管理画面を開き「使用楽曲管理」をタップします。
2:JASRACの「J-WID」もしくはNexToneの「作品検索データベース」どちらかのリンクをタップします。
3:使用したい楽曲の検索をして、「作品コード」や「作品番号」などをメモしましょう。
4:SHOWROOMの申請画面に戻り、メモした作品コードなどを入力します。
5:申請する楽曲の内容を全て入力した後「使用楽曲保存」をタップしてください。

上記の方法で著作権に触れず、好きな楽曲のカラオケ配信ができます

カラオケ配信をきれいに流したい場合は機材を使おう!

カラオケ配信は、音が重要です。

きれいな音で配信すると、あなたの歌声がリスナーにきれいな状態で届けられるので、「こんなに上手いんだ!」「もっと聞いていたい」と魅力が伝わりやすくなります。

配信はイヤホンマイクでもいいですが、歌声をきれいに聴いてもらうためにも専用のマイクや機材を使うといいでしょう。

ライブ配信でおすすめの機材についてはこちらの記事にて紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【入門編】ライブ配信に必要な機材やグッズは?おすすめをご紹介

ルールを守って楽しく配信しよう!

好きな楽曲でカラオケ配信をしたいけど「著作権のトラブルに巻き込まれたくない」と思っている方は、ルールを守って申請をしましょう。

申請することで、著作権問題に悩まずのびのびとカラオケを楽しめますよ!

また、配信で歌える楽曲が増えれば、あなたのさまざまな声をリスナーに聴いてもらえるので、最大限の魅力を伝えられるでしょう。