【事例有り】にじさんじのオーディションに年齢制限はある?応募条件を解説!

「にじさんじの所属を目指したいけど、年齢制限ってあるんだろうか?」

そんな風に考えたことはありませんか?そして、その考えが自身の挑戦の壁になっていないでしょうか?もしそうなら、非常にもったいないですよ。

現状活動しているにじさんじ所属のVTuberには、成人済みの方が多いです。そして、この事実は他の事務所にも共通して言えることでしょう。

ですが、若いからと言ってチャンスがないわけではありません。

この記事では、にじさんじの所属を目指すに当たって必要な以下の3点についてご紹介をします。

・にじさんじの所属オーディションの年齢制限について
・現在活躍しているVTuberの中の人の年齢
・にじさんじの常設オーディションで求められること

近年賑わいを見せているVTuber業界でも最大手といわれている「にじさんじ」の所属をあなたも目指してみませんか?
もしも所属することができたなら、人気VTuberとしての活動があなたを待っていますよ。

にじさんじのオーディションに年齢制限はあるのか?

にじさんじの常設オーディションでは、現状年齢の制限をかけている表記は見当たりませんでした。(2021/2現在)

VTuberは基本的には中の人に関しての情報を公表しないため、万が一年齢の制限があったとしても、その制限を公にしていないのではないかと思われます。

ですが、オーディションでは人気が出る人材を求めていることもあるため、年齢でふるいにかけるというのは考えにくいでしょう。

実際には高校生以上でないと難しい

1つ前の項目では年齢の制限がないことについてお話をしてきました。ですが実際には、高校生以上でなければ合格の可能性は低いと考えられています。

理由としては、

・ある程度の知識が求められる
・創作力が求められる場面が多い
この2点があげられます。

先ほども記載した通り、公式ページでの年齢制限は見受けられませんが、オーディションに挑戦をする上で、一つの指標として参考にしてみてください。

では、実際にデビューしているVTuberは何歳くらいから活動をしているのか?という部分が気になりますよね?

ここからは中の人が特定・推測されている中でも、比較的中の人が若いうちから活躍しているVTuberについて触れていきます。

月ノ美兎 さん

月ノ美兎さんは2018年2月より活動しているVTuberです。

初期から一貫して生配信を主としたスタイルとなっており、ゲーム配信をはじめ、様々な配信内容でリスナーを楽しませています。

メインプラットフォームのYouTubeでの登録者数は約70万人で、彼女の人気ぶりがうかがえるでしょう。

月ノ美兎さんの中の人は「新発田実月花 さん」であるといわれており、現在の年齢は22歳~23歳。年齢から逆算して、デビュー時は20歳前後であったと考えられます。

また、VTuberとして活動する2年ほど前から「寸胴犬」名義でネット活動を行っていたともされているため、実質的な活動は18歳からであるといえますよ。

樋口楓 さん

通称「でろーん」の愛称で知られている樋口楓さんは、2018年2月より活動をしているVTuberです。

YouTubeのチャンネル登録者数は38万人超となっており、ゲーム配信と歌ってみたをメインとして活動をしています。
また、前述した月ノ美兎さんと同期であり、仲の良いことでも知られています。

樋口楓さんの中の人は「徳倉実 さん」と推測されていています。

2018年に進路の話をしていたことから逆算すると、現在の年齢は23~24歳となると考えられるでしょう。そのため、デビュー時は21~22歳ということになりますね。

エルフのえる さん

エルフのえるさんは、ApexLegendsや歌枠などを中心とした配信で人気を集めているVTuberです。

YouTubeの登録者数は約19万人となっており、こちらも人気の高さがうかがえますね。

エルフのえるさんの中の人は「瀬戸内りく さん」であると推測されています。

SHOWROOMで活動していたこともあり、当時から人気を集めていたことに加え、様々な輝かしい実績も確認することができます。

現在の年齢は22歳と推測されており、VTuberの活動開始時は20歳前後と考えられるでしょう。

イブラヒム さん

イブラヒムさんは2020年1月より活動をしているVTuberです。

活動歴は浅く、比較的新しいVTuberに分類されますが、すでにYouTubeのチャンネル登録は25万人を超えています。

配信内容はゲーム配信と雑談配信がメインで、トーク力の高さも特徴といえるでしょう。

イブラヒムさんの中の人は、かつてゆっくり実況の投稿で人気を集めていた「みさわ船長 さん」ではないかと推測されています。

もし、推測通りであれば12歳のころから配信をしていたとのことですから、そのトーク力にも納得がいきます。

また、2019年の時点で21歳であることがツイートされていることから、VTuberとしての活動開始時の年齢は21歳~22歳であると推測できます。

引用元:
https://twitter.com/misawaYouTube/status/1176421387667304448

にじさんじの常設オーディションで求められるものとは

ここまでは現在活躍をしているVTuberについてご紹介してきました。

このほかのVTuberも、デビュー時には比較的若いことが多く、年齢よりも経験が重要なことがお判りいただけたかと思います。

実際、にじさんじの常設オーディションの募集要項を見てみると、何かに特化している人材を求めている点も見受けられ、即戦力となる人が活躍できる場になっていることもわかるのではないでしょうか。

即戦力が求められるという点だけ見ると高い壁と感じるかもしれません。

しかし、裏を返せば自身の強みを生かした活躍ができるということにもなりますので、強みをお持ちの方はぜひ挑戦してみてください。

ここからはにじさんじの常設オーディションに挑戦し、そして勝ち抜いていくために必要な、オーディションに求められることについて解説していきます。

1. 創作経験

にじさんじの常設オーディションでは、配信の経験やストリーマーの経験など、創作活動に携わった経歴が求められています。

自身の経歴と強みにあった部分で、にじさんじのオーディションに挑戦してみましょう!

配信の経験

にじさんじでは、配信の経験を持った人材の募集をしています。

配信の内容は問われておらず、雑談配信やイラスト配信など、自身の得意な分野での配信経験があればチャレンジすることができるでしょう。

動画配信も立派な実績となるため、そちらの経験がある方もぜひ応募してみてください。

ストリーマーの経験

ゲーム実況や音楽の演奏の配信など、ライブ配信を主とした経験がある方の募集もにじさんじでは行っています。

VTuberのほとんどが生配信を主とした活動を行っているため、ストリーマーの活動経験がある方いち早く活躍することができるでしょう。

歌の経験

常設枠の中の一つに、歌手枠での募集項目があります。VTuberには歌ってみたを主とした活動を行っている方もいるため、歌に自信がある方はこの枠でチャレンジするのも一つの方法です。

うまくいけば自身のオリジナル曲などを手掛けることもできるため、歌での活動を目指す方におすすめの募集枠となっています。

2. クリエイティブな意欲

配信の経験以外にも、様々なクリエイティブな経験や意欲を持った方も、にじさんじの応募にはぴったりです。

具体的には

・小説の執筆
・作曲活動
などが該当します。

配信以外にも活躍の場があるVTuberだからこそ求められるスキルとして、上記の経験は重宝されることでしょう。

常設オーディションでは経験を求められる。それなら…

にじさんじの常設オーディションでは、未経験では難しい部分が目立ちます。

実際、応募の際にも10分以上の音声や動画ファイルの提出が求められるため、やはり何かの経験をしておくことが大切でしょう。

その中でもライブ配信は、動画制作や創作活動に比べて手軽に始めやすいため非常におすすめです。

幸いなことに、最近ではスマホ1つで手軽に配信ができるツールがたくさんあります。代表例を挙げますと

・Mirrativ(ミラティブ)
・Pococha(ポコチャ)
・17LIVE(イチナナ)
など、紹介したもの以外にも様々なプラットフォームがあります。

どのプラットフォームにも様々な魅力がありますので、好きなプラットフォームで自分の得意なことを配信してみましょう。

まとめ

この記事では、にじさんじのオーディションには年齢制限があるのかという点を主に説明してきました。

結論として、にじさんじの所属は誰でもできるわけではありません。倍率も非常に高いことで知られています。ですが、不可能なことでもありません。

誰でも最初は初めてのことばかり。失敗を恐れず、どんどんチャレンジをしていきましょう!

現在活躍しているVTuberも、最初からうまくいっていたわけではないはずです。

まずはライブ配信に慣れ、経験を積んでいくことが大切。

配信を続けていくことで、他にはない、あなたのオリジナリティがきっと見つかるはず。

そのオリジナリティを武器に、にじさんじ所属への第一歩を踏み出してください。