ライブ配信を外でしたいあなたに!おすすめの配信グッズをお教えします!

視聴者と配信場所の雰囲気などを共有して楽しむことができ、記憶にも残りやすい外でのライブ配信は非常に魅力がありますよね!

外でライブ配信がしたいと思ったときこんなことも思うのではないでしょうか?

・実際、外でライブ配信しても大丈夫なのかな?
・快適に外でライブ配信をしたい!

こんなことを思いませんでしたか?

こんな悩みを抱えたあなたへ、本記事では

・外でのライブ配信でおすすめの商品
・外でのライブ配信のメリット
・外でライブ配信をするときの注意点

などを詳しく紹介しています。

本記事を読めば、外でライブ配信をする際にあると便利な商品を知ることが出来ます!

外でのライブ配信をして、新しいコンテンツでファンをもっと増やしましょう!

外でライブ配信はコンテンツがたくさん!

外でのライブ配信は配信内容が縛られず自由な配信ができます。

仲の良い配信者同士の、のほほんとした旅配信
・深夜に心霊スポットへ向かい、恐怖を視聴者と共有するライブ配信
・ヘルメットにカメラを付けてバイクの運転映像をライブ配信

他にも家では体験できない色々な内容を視聴者と一緒に楽しむことができるようになります。

企画をしたり、視聴者と相談しながら行動したりできるので、普段の配信とは違った内容にリスナーも喜びます!

外での配信はリスクもある?

もちろん、外でのライブ配信はトラブルが室内でのライブ配信よりも多くなる可能性があります。

通信が不安定になってしまったり、周りの迷惑になってしまうというように、通信環境や、周りの環境によって外でのライブ配信が難しくなってしまう場合があります。

外でライブ配信をする場合は配信をしても良い環境かどうかしっかりと考えて配信をしなければ最悪の場合は炎上や、警察沙汰になる可能性もあるため十分注意しましょう。

屋外ライブ配信で便利なアイテム

せっかく外でライブ配信をするのであれば、しっかり道具を準備して、快適なライブ配信を行いたいですよね。

実は、外でライブ配信するのに使える道具の種類や、メーカーの種類は沢山あります!

そこで、便利なアイテムとおすすめ商品を厳選して紹介いたします。

手持ち撮影に便利!スタビライザー

スマホや、カメラを持ちながらライブ配信をするときに手ブレを押さえてくれる補助機材です。現場レポートや、旅行配信など、使い方は様々です!

手ブレが酷い映像だと、視聴者が画面酔いしてしまう可能性があるため手持ち配信を定期的にしたいと考えている人は購入を検討してみてください!

おすすめスタビライザー

様々なサイズのスマホと互換があり、フォーカス&ズーム・PhoneGoモード・美容モードなど、様々な機能を搭載したスタビライザーです。スマホ用スタビライザーはこれ一つあれば困ることはありません!

柔軟な対応力で撮影の幅を広げる!自撮り棒

歩きながら自撮り配信したいという方に必ず持っておきたいアイテムです!

自撮り棒の長さを変えることで画角を広げることや、物によって三脚に変形することもでき、撮影方法を臨機応変に変えることができます。

ここまでの解説だと、先ほど紹介した「スタビライザーでいいんじゃない?」という話になってくると思います。

自撮り棒は値段が安価で手を出しやすい、コンパクトに収納しやすく持ち運びがしやすいなどスタビライザーよりも手軽に使うことができます。

配信におすすめの自撮り棒

折りたたみでコンパクト、スタビライザー機能、三脚に変形、360°回転、4段階伸縮と文句の付けようがない自撮り棒です。自撮り棒はこの商品を買っておけば間違いありません!

超高画質のライブ配信が可能になる!カメラ

高画質でライブ配信をした場合におすすめです。最近はカメラ一台あればYouTubeでライブ配信ができるカメラもあり、配信が簡単にできるカメラもあります。

ライブ配信おすすめカメラ

持ち運びやすいコンパクトサイズでWi-Fi環境があれば、カメラ本体のみでYouTubeライブ配信ができる優れものです。

スマホと接続することでライブ配信をすることが出来ます。

デジタルレンズをタップするだけで狭角、リニア、広角、SuperView の中から切り替えることができるので撮影場所によってレンズを簡単に切り替えることが出来ます。

リュックなどにつけることが出来る別アクセサリーを使えば手ぶらで移動しながらの撮影も可能なので非常に便利なカメラです。

 

ポケットWi-Fi

ライブ配信は通信料を大きく使うため、通信制限になりやすく、通信制限中は画質の低下やカクついて、、まともなライブ配信が出来なくなってしまいます。

そこで便利なのがポケットWi-Fiです!ポケットWi-Fiがあるだけで、通信量を気にせずに思う存分外でライブ配信をすることができます。

わざわざポケットWi-Fi契約するなら、ライブ配信をする端末の通信料を大容量プランにすれば良いんじゃない?と思うかもしれません。

ですが、実はポケットWi-Fiの方が容量も多く、値段も安くすることが可能なのでコスパが抜群に良いです!

最近のポケットWi-Fiは登録や申し込みがネットで簡単にできるのも増えていて、契約がややこしくて面倒くさいと言うことも少ないのでいつでも気楽に使えるようにできます!

しかも、自動更新がない会社もあるので気軽に解約することも可能なので安心して契約をすることができます。

定期的に外でライブ配信がしたいと考えている方は必ず用事しましょう!

おすすめのポケットWi-Fi

昨今主流になっている契約は

・3日で10GB(データ量は実質無制限)
・月100GB

このようなプランが主流となっています。値段はプランによりますが、目安は月3500円~5000円です。ちなみに、大手通信会社の大容量プランは50GBで月5000円+αのようなプランです。

自分の配信頻度に合わせてプランを選んで見てください!

モバイルバッテリー

屋外でライブ配信をするにあたってライブ配信をする端末や、ポケットWi-Fiのバッテリーに注意を置く必要があります。

バッテリーが切れてしまったら配信どころか、何もできなくなってしまいますからね!充電できる環境が少ない場所でライブ配信をする場合は必ず持ち運ぶようにしましょう!

出先で便利!モバイルバッテリー

出先でのライブ配信はバッテリーも重要になってきます。ライブ配信をするための端末も、ポケットWi-Fiもバッテリーが無くなってしまったら配信どころではなくなってしまいます!

そこで、モバイルバッテリーがあると、バッテリー問題を解決することができます。

短時間のライブ配信ならば問題はありませんが、長時間のライブ配信となると必ずと言っていいほど必要になるので用意しましょう!

おすすめのバッテリー容量は20000mAh~です。これだけの容量があれば、バッテリーを充電しなくても、スマホの充電であれば約2~3日は持たせることができます!

バッテリーは容量が増えていくほどサイズが大きくなり、重量も重くなってしまい持ち運びが不便になってしまいます。

バッテリーの容量が大きければ良いというわけではありません!持ち運びの便利さも考慮に入れて購入すると良いです!

おすすめのモバイルバッテリー

 

携帯アクセサリーで有名なメーカーのAnkerが出しているUSBCポート搭載のモバイルバッテリーです。二台同時充電でライブ配信端末と、ポケットWi-Fiの同時充電ができるので非常に便利です!

急速充電対応、プロテクター装備で高耐久、IPX6の高い防水性でアウトドアに持ってこいのモバイルバッテリーです。ソーラーパネルがついているので災害時に使うことができます。

まとめ

外でのライブ配信がちょっとしたアイテムで快適にするだけで楽しさは倍増します!

撮影場所にあるルールをしっかりと守りながら外でのライブ配信を楽しんでください!

リスナーもいつも以上に盛り上がること間違い無しです!