ライブ配信におすすめのPCはコレ!用途に合わせて最適なPCを選ぼう

PC選びは非常に悩みますよね。

ライブ配信のために買ったはいいけど、スペックが足りなくてカクついてしまう…。

そんなことがあっては、ライブ配信に対するモチベーションも下がってしまいます。

大きな買い物をすることになるので、できるだけ失敗はしたくないですよね?

ライブ配信でPCを購入するときに、

・どれくらいのPCスペックが必要なの?
・コスパの良いPCはなに?
・どんなことに気をつけて購入したら良いかな?

こんな悩みを抱えたあなたへ、

この記事で紹介すること
・用途に合わせたおすすめPCとは?
・ライブ配信におすすめなPC

などを、分かりやすく紹介しています。

本記事を読めば、あなたにピッタリのPCを選ぶことができますよ!

新調したPCで配信すれば、放送のクオリティも上がって、きっと新規ファンも増えますよ!

どんなPCを選んだら良いの?

本格的なライブ配信をしたい場合は、ゲーミングPCまたはゲーミングPCと同格の性能を持ったデスクトップPCを必ず購入しましょう。

熱によって性能が落ちたりせず、カスタマイズがしやすいので、今後、安く性能アップができるようになります。

そして、同時期に発売した同じぐらいの値段のノートPCより、デスクトップPCの方が性能が上なんです!

値段が同じぐらいなら、性能が高い方が絶対良くありませんか?

特別な理由が無い限りは、デスクトップPCを選べば間違いありません!

とはいえ、ライブ配信にも様々なスタイルがあります。

例えば、ゲームを中心としたゲーム配信や雑談、企画など中心とした配信など、様々な配信スタイルがあります。

そして、外でも配信をするのか、自宅だけで配信なのか、どこで配信するかも重要になります。

ライブ配信に必要な最低限のPCスペックは?

ライブ配信で使えるPCの予算として10~20万円は用意しましょう。

20万円ほどのPCであれば、Vtuberとしてのライブ配信も可能になります!

主に下記で紹介しているPCパーツに注目して選ぶようにしましょう。

ライブ配信快適にするために必要な最低限のスペック
・CPU・・・Intelシリーズの場合はCore i7、Ryzenシリーズの場合はRyzen5以上
・メモリ・・・16GB以上
・GPU・・・プレイしたいゲームを基準にGPUは決めましょう。

聞き慣れない言葉ですが、それぞれ簡単に説明します!

よくわからなければ、後で紹介するおすすめPCから購入すれば間違いありません。

CPU

CPUはパソコンの頭脳となるパーツで、良いものだと処理速度が早いので、サクサク止まったりせずに動くようになります。

基本的にIntelシリーズではcore i3 , i5 , i7と数字が上がっていきます。

Ryzenというのも Ryzen 3, 5, 7,と上がっていきます。

Intelシリーズの場合はi7を、Ryzenの場合はRyzen5以上を選ぶのがオススメです。

メモリ

メモリはその名の通り、アプリを使う時に必要なメモリです。

スマホによくある64GB、128GBというものとは全く別物なので注意しましょう。

8GB, 16GB, 32GBというのが多いですが、16GBあれば十分です。

GPU

GPUというのは、ゲームや動画編集をする時に使うパーツです。

ゲームの詳細に必ず、推奨使用環境という、このゲームをするにはどのくらいの性能が必要かが記載されています。

ほとんどのゲームでは「GTX 870 以上」のように書かれています。

基本的には、このGTXのあとの数字が前半と後半で負けていなければ大丈夫です!

GTX 870以上であれば GTX 980 やGTX1070などなら問題ないということですね。

あくまで、この基準はゲーム配信をすることが可能なPCスペックです。

軽い雑談だけの場合は、上記のスペックより低くても配信をすることができます。

配信で使えるPCの特徴

ライブ配信にも様々なスタイルがあります。

例えば、ゲームを中心としたゲーム配信や雑談、企画など中心とした配信など、様々な配信スタイルがあります。

そして、外で配信をするのか、自宅で配信するのか、どこで配信するかも重要になります。

ライブ配信をすることが出来るPCの種類と特徴を解説していきます!

PC選びの参考にしてみてください!

ゲーミングPC

上記で説明した通り、本格的なライブ配信をしたい方におすすめします。

その理由として、

・高性能CPU、GPUを搭載できる。
・排熱性能がしっかりしていてPCのパフォーマンスが落ちづらい。
・拡張しやすい。(パーツ交換で性能アップなど)

これらの特徴が挙げられます。

重い処理が必要な動画編集や、高負荷のかかるPCゲームも快適に行う事ができます。

ゲーム用、配信用と分けてPCを使用している配信者もいますが、基本はゲーミングPC一台あれば困ることはありません。

ノートPC

気軽に雑談をしたい場合におすすめします。

持ち運びに優れているので、Wi-Fiが繋がり、声をだせる環境であればどこでもライブ配信をすることが出来ます。

しかし、発熱対策や値段に対してのコスパも考えると良いとは言えないため、しっかりとした長時間のライブ配信をしたい場合は不向きです。

ゲーミングノートPC

発熱対策や、グラフィックカードが搭載されているなど、PCゲームもすることが出来るノートPCです。

動画編集の負荷にも耐えることが出来るゲーミングノートPCもあるため、ライブ配信をすることも出来ます。

しかし、デスクトップPCと同じスペックのゲーミングノートPCを買うのであればデスクトップPCを購入した方が安いです。

どうしても出先でゲーム配信などがしたいと考えている方は、購入を考えてみてもよいでしょう。

おすすめのPC

こちらでは、おすすめしたライブ配信が出来るPCを紹介しています。

PC購入の参考にしてみてください!

ゲーミングPC

簡易水冷CPUクーラー+RGBクーラーで発熱問題は全くの心配なし!

ライブ配信をするには十分な性能です。

PCゲームで遊ぶことも十分可能な性能です。

Ryzen 7 3700X、RTX 2060 SUPER、メモリ16GB搭載で快適なライブ配信ができます。

SSDが1TBもあるので容量不足の心配もありません。

コスパ最強ゲーミングPCです!

Vtuberになりながらライブ配信ができる高スペックPCです。

有名なパソコンメーカーマウスが出しているミドルタワーサイズのPCで、1年間修理保証(3年間もあり)や、24時間365日電話サポートがあり、久しぶりにPCを買い換える方や、初めてPCを買う方でも安心して購入することができます。

ノートPC

コスパが高いで有名なLenovoノートPCです。

シンプルなデザインに高級感がある見た目が特徴的です。

マイク、スピーカー、カメラが搭載されているので、このPC一台あればライブ配信をすることが出来ます。

ゲーミングノートPC

ゲーミングノートPCの中でも、ハイスペックなPCです。

Intel Core i7、RTX3060を搭載しているため動画編集にも活用することが出来ます。

薄型、軽量であり、持ち運びにも優れています。

迷ったらスペックが高い方を買おう!

スペックが違うPCで迷っていたら、スペックの高いPCを選びましょう!

あなたが考えているよりもスペックの高いPCが、今後必要になるかもしれません。

高スペックのPCを購入しておけば、しばらくの間はPCを購入する必要が無いので必然的に高コスパになります。

まとめ

全力でライブ配信に向かい合うことができる環境作りはとても大切です。

特にPC環境は配信の根本になるため、非常に重要になります。

あなたのポテンシャルを引き出すためにも、ライブ配信に集中するためにも大切なことです。

購入したPCを使って快適なライブ配信を楽しんでください!