ゴルフ場のフロントを辞めたい?辞める時の注意点などを解説します。

接客業をしてみたいと思ってゴルフのフロントを始めてみたけど、想像していたよりも大変で辞めたくなるときがありますよね。

実際に辞めようと思っても、

・退職を言い出しにくい
・始めて1ヶ月しか経ってないけどどうしよう
・そもそもどうやって辞めればいいのかわからない

と悩んでいるでしょう。

この記事では、ゴルフのフロントを辞めようか悩んでいるあなたに

・ゴルフのフロント仕事を辞めるにはどうしたらいいのか
・ゴルフのフロントを辞めるときの注意点
・ゴルフフロントを辞める人にはどんな仕事が向いているのか

について紹介しています。

ゴルフのフロントを辞めることができれば、日々フロントのお仕事で感じていたストレスから解放されて心に余裕ができるでしょう。

心に余裕ができると視野が広がるので、新しい挑戦ができるようになったり、辞めた後に選んだ仕事がきっかけで人生が楽しくなる・今以上に豊かになるかもしれませんよ。

ゴルフのフロントをやめたくなる理由

ゴルフのフロントを辞めたくなる理由・きっかけというのは人それぞれです。

人によってはそんな理由で辞めても大丈夫なのか、根性なしと思われてしまうのではないのかと不安を抱えてしまうかもしれません。

まずは、ありがちなゴルフのフロントを辞める理由について紹介していきます。

理不尽なクレームによるストレス

クレーム対応も含めてゴルフフロントの仕事ではありますが、お客さんによってはあまりにも身勝手で理不尽なクレームをつけてくることがあります。

ゴルフのフロントはお客さんにとってはお店の顔です。もちろん感謝もされますが、クレームの受け口となってしまうポジションです。

どうしようもない理不尽なクレームを受けてしまうと強いストレスを感じ、精神的に疲れてしまうため、辞めるきっかけにも繋がりやすいです。

人間関係でストレス

職場の人間関係でストレスを感じることもあるでしょう。

友人・知人関係であれば距離を取れば解決しますが、職場だと仕事の関係でどうしても関わらなければいけない場面というのが出てきます。

仕事だから仕方ないという気持ちで耐えていたとしても、徐々にストレスが蓄積して仕事への意欲が減少し、辞める気持ちのほうが強くなってしまうことがあります。

待遇が悪い

仕事がものすごく忙しいのに給料が少ない、休みが少ないというゴルフ場もあるでしょう。
こうした待遇に対して、「他の仕事の方がもっと稼げるのではないか?」「もっと楽な仕事があるんじゃないか?」と思いはじめます。

一生懸命働いているのに、それに見合わないと感じる仕事をやっていると、だんだん嫌々仕事をやるようになって、ゴルフ場を辞めたくなることがあります。

他のスタッフによるセクハラ(セクシャルハラスメント)

女性の場合、他のスタッフによるセクハラを受けてゴルフのフロントを辞めることになったという方もいます。

待遇がどれだけ良かったとしても、セクハラされたその瞬間から辞めたい気分になってもおかしくありません。

また、スタッフに限らずお客さんがセクハラ行為を仕掛けてくることもあります

お客さんのセクハラが原因でフロントを辞めたくなる場合は一度同僚や上司に相談するようにしましょう。

将来性に不安がある

コロナウイルス感染症などの影響で客入りが大幅に減っており、いつリストラが起きてもおかしくないゴルフ場もあるでしょう。

今働いているゴルフ場の将来性に不安がある場合は、突然リストラされるようなことが起きる前に辞めておき、余裕を持って次の仕事を探すという計画的な方も少なくありません

客入りが少ないから仕事は楽だけど将来性に不安があるから辞めたい場合、若干の後ろめたさがあるかもしれませんがフロントを辞める立派な理由の一つでしょう。

ゴルフのフロントを辞める方法

ゴルフのフロントを辞めたいとき、どうやって辞めればいいのかわからない方もいるでしょう。

そういった方向けにゴルフのフロントを辞める方法について注意点を含めながら解説します。

現場の責任者に相談する

仕事を辞めたい時は現場の責任者に伝えましょう。ゴルフ場であれば現場を指揮している副支配人または支配人です。

同僚や同じフロントの先輩は相談には乗ってくれるかもしれませんが、人事関係の権限を持たないので退職手続きを進めることができません

支配人と連絡が取れたときは「〇〇さん、少しお時間よろしいでしょうか?」と話を切り出して話を進めましょう。

支配人との距離がある職場だった場合は「〇〇支配人、少しお時間よろしいでしょうか?」というように切り出して退職の話をすすめるのがおすすめです。

退職代行サービスを利用する

どうしてもゴルフのフロントを辞める意思を伝えられないという場合は退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービスを使えば、依頼先の代理の方が退職の意志を伝えてくれるほか、そのまま退職手続きも進めてくれます。

一回あたり2万~3万円程度かかる有償サービスですが、最終手段として退職代行サービスがあることも覚えておくと良いでしょう。

ゴルフのフロントを辞めるときの注意点

ゴルフのフロントを辞める際、いくつか注意しなければならない点があります。

法律が絡む問題もあるので、最低限知っておかなければならない注意点を紹介します。

最低でも2週間前までに辞めることを伝える

ゴルフのフロントを辞める際は最低でも退職2週間前までに伝えるようにしてください。

これは退職によって職場が困るからという理由ではなく、民法で定められているからです。退職の旨を伝えた当日や翌日に退職することはできません。

どんな理由があったとしても最低2週間前の申告が必要であることを忘れないようにして下さい。

絶対に辞める意志を持って伝えるように

退職の旨を伝えても、突然辞められると新しい人員を確保しなければなくなるのでゴルフ場は困ります。

そのため「もう少し居てくれないか?」などと説得しに来ることもあるでしょう。ですが辞める意志がはっきりしているなら絶対に説得に応じてはいけません

説得に応じてしまうと、今後退職の旨を伝えづらくなります。少なくとも説得されてから日が経っていない間は伝えにくいでしょう。

説得されてしまわないよう絶対に辞めるという意思を持って退職のことを伝えるのが大切です。

できるだけ引き継ぎ作業を終わらせてから退職できるようにする

自分がゴルフのフロントを辞めるということは、フロントの仕事に穴ができるということです。

ゴルフ場側はその穴を埋める必要があり、新人の確保・別の従業員への引き継ぎなどが発生するでしょう。

退職時に自分が担当していた仕事を誰かに引き継がせることはビジネスマナーでもあるので、どんな理由があれど、後任者への引き継ぎ作業は行うようにして下さい。

引き継ぎのことも考えて1ヶ月以上前から退職のことを伝えるようにすると、引き継ぎもゆっくり行うことができてトラブルなく退職することができます。

ゴルフのフロントを辞める方に向いているお仕事

ゴルフのフロントの仕事を辞めるということは当然ながら収入源も失うことになります。

仕事を辞めたことをきっかけに全く新しい仕事をすることもいいですが、できればこれまでの経験を活かせる仕事のほうがスムーズに入っていきやすいでしょう。

そこで、ゴルフのフロントを辞めた元ゴルフフロントと相性が良い仕事を3つ紹介します。

ライブ配信

ゴルフのフロントを辞めた後におすすめできる働き方の一つがライブ配信です。

ライブ配信では話す力が少し必要になりますが、必要となる話す力はゴルフのフロントでお客さんを相手していたときに身についています

また、ライブ配信はゴルフのフロントと違って以下のメリットがあります。

・スマホ1台で始められる
・やりたいときにできる、時間が縛られない
・高いトークスキルは必要ない
・面接などの選考を通さず即日始められる

ライブ配信はスマホ一台で即日始められるので、ゴルフのフロントを辞めた当日から始めることができます。

対面で話すこともないので、理不尽なクレーム・言いがかりをつけられてストレスが溜まることもないでしょう。

飲食店のホール

ゴルフのフロントの仕事をこなせる能力があるなら飲食店のホールもおすすめです。

飲食店のホールはゴルフのフロントよりも業務内容が限られており、ゴルフのフロントと比べると仕事がカンタンに感じるでしょう。

また、ピーク時と非ピーク時の差が歴然なことも飲食店の特徴でもあるため、仕事にメリハリを付けやすいというのもメリットの一つです。

事務職

ゴルフのフロントの仕事を通してお客さんと接するのがストレスになって辞めるという方は事務職もおすすめです。

事務職はパソコンなどを使って与えられた仕事を黙々とこなしていく事が多いため、人と接する機会が少ないでしょう。

本当に人と接せず仕事をしたい場合は電話対応や受付事務対応がない事務職を探すのがおすすめです。

電話対応がある事務職はクレーム対応など精神的に辛い仕事もこなさなければいけない可能性があります。

ゴルフのフロントを辞めた直後はライブ配信をしてみるのがオススメ!

ゴルフのフロントを辞めたあとは、次の仕事が決まるまである程度期間が空くと思うのでその期間中はライブ配信をはじめてみると良いでしょう。

ライブ配信は即日始められていつでも辞められる仕事で、辞める時も誰かに許可を取る必要もありません。

ライブ配信が自分に合っていると思ったら本業として続けることもできますし、新しく決まった仕事のスキマ時間を使い、副業としてライブ配信を続けることも可能です。

ライブ配信は自宅でできる仕事ですので、上手く軌道に乗せて本業家できれば職場を行き来する時間も節約できますし、何より生活に余裕がでてくるでしょう。

生活に余裕が出てきたら友人と遊ぶ時間など自由に使える時間がたくさん作れるようになるので、一度はライブ配信に挑戦してみることをおすすめします。

「ライブ配信でたくさん稼げたらいいな」と少しでも思っているのであれば、ライバープロフィールを掲載してアピールできる[ライバーサーチ]もチェックしてみて下さい。