今すぐパートを辞めたい?考えるべきことと、ライブ配信のすすめ

パートをはじめてみたものの

「パートがつらい!今すぐ辞めたい!」
「辞めたいけど何て言えば良いのか分からない…」
こんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

確かに、はじめる前のイメージとは違いすぎて、パートを辞めたくなるという気持ちは良く分かります。

この記事では、そんな悩みを持つ方に向けてパートはすぐ辞めても良いのか、法的には問題ないのか
など詳しく紹介していきます。

最後まで読んで頂ければ、きっと新しい素敵な仕事に出会えますよ!

新しい仕事を見つけて、楽しい毎日を送れるように頑張りましょう!

ちゃんとした理由があるならパートはすぐ辞めてもOK!

この記事をご覧のあなたは、すぐにパートを辞めてしまうことに罪悪感を持っているのではないでしょうか?

結論から申しますと、ちゃんとした理由があるのであれば、パートはすぐに辞めてもOKです。

ここからは、パートを今すぐに辞めても良い理由と、パートをもっと続けたほうが良い理由について解説していきます。

「はじめたばかりなのに辞めても良いのか」「こんな理由で辞めても良いのか」と悩んでいる方は、ぜひとも参考にしてください。

パートをすぐ辞めても良い理由

パートをすぐ辞めても良い理由の例としては以下の通りです。

・パワハラをされた
・セクハラをされた
・いじめがあった
・聞いていた仕事内容と違う
・サービス残業がある
このような職場環境で仕事を続けても、辞めたい気持ちはほとんど変わることは無いです。

自分が原因でなく、職場に原因がある場合はすぐに辞めてしまいましょう。

パートをもっと続けたほうが良い理由

反対に、パートをもっと続けたほうが良い理由の例を紹介していきます。

なんとなく職場に行きたくない
・仕事内容が難しい
・嫌いな人が居る

どの職場でも、仕事内容は難しいことはありえますし、嫌いな人も出てきますし、世の中のほとんどの人は職場に行きたくないと思っています。

そのため、上記の理由の場合はできるだけパートを続けたほうが良いです。

それでも、どうしてもパートをすぐに辞めたいという人は、次に紹介する言い訳集を参考に、辞めてしまいましょう。

すぐ辞める時に使える言い訳集

もっと続けたほうが良いと本心では思っていても「どうしても行きたくない」「本当に辛いからやめたい」と思う方もいるかと思います。

その場合は、心が病んでしまう前に上手な言い訳を使って、すぐに辞めてしまいましょう。

すぐ辞めるときに使える言い訳は次の通りです。

体調を崩してしまい当分の間通院
・入院することになった

・夫が転勤で引っ越すことになった
・親を介護する必要がある
・子供が入院した

このように基本的には、家庭の事情を持ち出すと効果的です。

もし職場の人に、家庭の話をしている場合は矛盾が無いように、しっかり確認しておきましょう。

パートをすぐ辞めても法的に問題は無い?

パートをすぐに辞める際に気になるのが、法的な問題ですよね。

結論からいうと法的には、辞める2週間前に辞める意志を伝えなければなりませんが、職場に合意してもらえれば即日も可能です。

そのため、即日でパートを辞めたいのであれば、まずは上司や店長などの責任者に相談しましょう。

家庭の事情で押し出せば、即日で辞めさせてもらえる可能性が高まります。

もし職場の合意を得ていない状態で即日にバックレると、損害賠償を請求される恐れがありますので、注意しましょう。

すぐパートを辞める前に考えておくべきこと3選

ここからは今すぐにパートを辞める前に、考えておくべきことを3つ紹介していきます。

しっかり考えて辞めなければ、今後も何度も同じことを繰り返してしまう恐れがあります。

次こそあなたにとって良い職場を見つけるためにも、ぜひとも参考にしてください。

1.辞めた後に後悔しないか考えておく

まずは、辞めたあと後悔しないか考えておきましょう。

パートは一度辞めたら、再度その職場では働けなくなる場合が多いです。

働いている間は、悪いところばかりが見えて、辞めてみたら意外と良いところがあった、と気付くことも少なくありません。

今一度、今のパートの良いところ、悪いところを見つめなおしてみてください。

2.お金の面で問題は無いか確認する

次に、お金の面で問題は無いか考えましょう。

パートとして働いていることに慣れていると、毎月自動的に収入が入ってくると思いがちです。

当然ではありますが、パートを辞めたら今まであった収入が全て無くなってしまいます。

そのため、お金の面で問題は無いのか、次のパートを見つけるまで不自由なく暮らしていけるかなど経済状況を確認しましょう。

3.次の仕事は何をするか目星を付ける

一番大事なのが、次の仕事を決めることです。

次の仕事について何も考えずに、パートを辞めてしまうと、辞めたあとモチベーションが上がらずに、なかなか仕事が見つかりません。

せめて職種など、ある程度の目星は付けて、パートを辞めた後に、すぐに職探しに取り掛かれるように準備しておきましょう。

次の仕事を探す際のポイント

ここからは次の仕事を探す際のポイントについて紹介していきます。

今現在、日本ではさまざまな事業が発展しているため、仕事の種類は今までにないほどに増えてきています。

しっかりとポイントをおさえて、自分に適した仕事を探してください。

同じことを繰り返さないように選ぶ

次の仕事を探す際のポイント1つ目は「同じことを繰り返さないように選ぶ」です。

今一度、自分がパートを辞めたくなった原因を思い出して、どうすれば同じことが繰り返されないのか、しっかりと吟味して選びましょう。

例:仕事内容が難しかったのであれば、できるだけ簡単そうな仕事内容の職場を選ぶ

時間をかけてでも自分に合った仕事を選ぶ

次の仕事を探す際のポイント2つ目は「時間をかけてでも自分に合った仕事を選ぶ」です。

先ほど紹介したように、日本ではさまざまな事業が発展しているため、非常に数多くの仕事が世の中に溢れています。

特にインターネットを使った仕事は、YouTuberを筆頭に非常に多岐にわたっており、最近ではスマホだけでできるライブ配信の仕事など、隙間時間にできるような仕事も数多く増えています。

時間をかけてでも、さまざまな仕事をしっかりと調べて、自分に合った仕事を見つけることが大事です。

ライブ配信の仕事ってなに?

ライブ配信(ライバー)の仕事について、知らない方も多いかと思いますので、ここで簡単に仕事内容や収入、メリットなどを紹介していきます。

結論から言いますと、ライブ配信はパートを辞めた方に非常におすすめの仕事です!

その理由について、これから紹介していきますので、ぜひとも自分に合っているのかどうか、ここで確認してもらえればと思います。

仕事内容・収入

ライブ配信者(ライバー)は名称通り、ライブ中継するサービスを使って収入を得る仕事です。

ライブ配信する内容は非常に多岐にわたり、ダンスをする人もいれば歌を歌う人、雑談をする人など、さまざまです。

収入は完全歩合制となっており、自分のライブ配信が人気になるほど収入も上がります。

トップクラスのライバーにもなると、月収は100万円を超えます。

そのため始めたばかりでは、収入は見込めませんが、コツコツ努力することで高収入を実現することも可能です。

ライブ配信のメリット

ライブ配信(ライバー)のメリットとしては、主に以下の3つがあげれらます。

メリット
スマホ1つで隙間時間にできる
・人間関係に悩まない
・仕事内容は自分で決められる

パートを辞める理由の全てを解消するようなメリットばかりです。

こういった理由から、パートを辞めた方にはライブ配信の仕事(ライバー)が非常におすすめです!

ライバーなら職場に行く必要もありませんし、嫌いな人に合うこともありませんし、仕事内容も簡単です。

特に隙間時間にできるというのも大きな魅力で、次のパートを探しつつライバーを続けることもできます。

スマホ1つで今すぐ始められますので、ぜひとも試してみてはいかがでしょうか?

パートはすぐ辞めてもOK!自分に合った次の仕事を見つけよう!

パートは一度「行きたくない」「辞めたい」と思ってしまったら、立て直すのは大変です。

無理して続けても、心が病んでしまう可能性がありますので、職場の合意を得てすぐ辞めてしまいましょう。

もう辞めると決心したのであれば、今回紹介した「辞める前に考えておくべきこと」「次の仕事を探す際のポイント」を踏まえて後悔しないように次の仕事を探してください。

特に記事終盤に紹介したライブ配信の仕事は、隙間時間にスマホ1つで稼げて非常におすすめです。

また、次の仕事が見つかるまでの繋ぎとして利用するのも有効な手段なので、ぜひとも試してみてください!