ダブルワークの注意点はどんなところ?時間を有効に使って沢山稼ごう!

ダブルワークは上手に時間配分をすることができれば、たくさんの収入が稼げていいこと尽くしです。

コロナ禍でアルバイト先の人件費が削減になり、シフトに入れる時間が減ってしまった…という声もSNSでは聞こえます。

同じような境遇で収入が減ってしまい、掛け持ちのアルバイト先を探している方も多いのではないでしょうか。

「ダブルワークにおすすめの職業って何?」
「効率よく稼げる働き方が知りたい」

と、悩んでいてどんなアルバイトを掛け持ちしようか決めていない方へ、この記事では

この記事で紹介すること
・ダブルワークと副業の違い
・ダブルワークのメリット・デメリット
・ダブルワークをする時の注意点
・ダブルワークにおすすめの職業3選
・スキマ時間にはライブ配信がおすすめ

を紹介します。

ダブルワークにおすすめの職種を数多くピックアップしていますので、自分が掛け持ちできそうなアルバイトにまだ出会えていない方は見つけることができますよ。

時間を上手に使い稼ぐことができれば、可愛い洋服を購入したり欲しかったバッグだって手に入れたりすることだってできるんです!

ダブルワークと副業の違い

ダブルワークと副業の違いについて解説します。

どちらも2つの職業に就いていることもあり、「明確な違いがよくわからない…」という方も多いかもしれません。

副業とは
正社員としてどこかに従事している方が、仕事が休みの日を利用し、別の場所で働いて収入を得ている状態を指します。

ダブルワークとは
立場が正社員ではなく、2つの職業をバランスよく並行して行い、収入を得ている状態のことを指します。

簡単に言えば、アルバイトを2種類掛け持ちすることがダブルワークということになります。

ダブルワークのメリット

ダブルワークで働いた場合に発生するメリットについて紹介します。

「経験がない職種を掛け持ちで働けるか不安…」というような悩みを抱えて、一歩を踏み出すことができない方は、ダブルワークで稼ぐ魅力を知って不安を解消しちゃいましょう!

数多くのメリットがあることがわかれば、すぐに応募したくなること間違いなしです。

1.収入が格段に上がる

ダブルワークを始めると、稼げる収入が上昇します。

すでに働いているアルバイト先のシフトに入っていない日や、空き時間を利用して働くことができれば今まで以上に稼ぐことができちゃうんです!

学費などに納めていたバイト代から余裕が生まれるので、貯金をしたり休みの日は思いっきりショッピングを楽しんだりできますよ。

例えば、カレンダー通りに休みがあるアルバイトをしている方は、連休が多い月の収入が安定しませんので、サービス業を掛け持ちするのがおすすめです。

2.社会経験を積むことができる

新しい職場を経験すると視野が広がり、さまざまな考え方や働き方が発見できるようになります。

長期間、同じアルバイト先だけで働いていると偏った知識や経験を身に付けることしかできません。

一つの経験に特化するのは悪いことではありませんが、新鮮味がなくなりマンネリ化の元になってしまうんです。

ダブルワークで身に付けたスキルは、思わぬところでそれぞれの仕事に活かすことだってできますよ。

たくさんの経験は将来的に、どのような夢へ進んでいくかの選択肢を増やしてくれるでしょう。

3.ストレス発散になる

普段アルバイトで感じているストレスは、別のアルバイトで発散することができちゃうんです!

例えば、PCの画面と長時間向き合って行う事務作業のアルバイト話されている方が、接客業のダブルワークを始めるとします。

黙々と行う事務作業に対し、接客業はお客さんの対応がメインなので”人と接すること”を楽しんでストレスを発散することができるんです。

また、取り扱う商品のジャンルが異なる小売店でダブルワークすると、商品についての知識が広がるので、同僚と会話するときのネタにも困りません。

別々の職場で刺激を感じながら、楽しんで仕事ができるようになりますよ。

ダブルワークのデメリット

ダブルワークを始めると、自由に使えるお小遣いが増えるので良いことばかりだと感じる方も多いでしょう。

しかし、いくつか知っておきたいデメリットもあるんです。

ダブルワークに興味がある方は、起こりうるデメリットもしっかり把握してから応募に臨みましょう。

1.シフトの組み立てが複雑になる

ダブルワークを始めると、どちらの職場もシフト制だった場合、お互いの働く時間帯が被らないよう上手くシフトを調整する必要があります。

どちらかのシフトによって、「この日、働いてくれない?」と聞かれても応えられない日が出てくれば、印象が悪くなってしまうこともあるかもしれません。

”昼は〇〇、夜は〇〇”もしくは”平日・土日のみ”というようにしっかりとすみ分けておくのがおすすめです。

シフトのトラブルを回避するためには、周囲の理解を得ることが大切です。

2.体調管理が難しくなる

働いた分だけ収入アップが見込めるダブルワークの魅力ですが、掛け持ちしている職場のシフトをぎっしり入れてしまうと体調管理を疎かにしてしまいがちです。

楽しく働くことができていても、気が付かないうちに身体には疲労が蓄積されています。

働きすぎてしまうと過労でダウンしてしまう原因になるだけでなく、どちらの職場にも休んでいる間の人手不足で迷惑をかけてしまう可能性もあるんです。

適度に休みをとって、体調管理には気をつけなければいけません。

3.休みを取りにくくなる

スケジュールをしっかり考えてシフトを調整しなければ、休日を取ることが難しくなってしまう場合があります。

稼いだお小遣いを使う時間が取れなければストレスが溜まってしまいますので、息抜きをするための休日が取れるようにシフト管理は慎重に行うことがポイントです。

ダブルワークをする時の注意点

ダブルワークを始める前に知っておくと、後々役に立つ注意点を紹介します。

せっかくたくさん働いて稼いだのに、税金でお金を取られてしまう…というような事態も招いてしまいますので、確認しておきましょう。

税金が発生する

ダブルワークで稼ぎすぎてしまうと税金が発生し、お金を収める義務を負わなければいけなくなります。

年間103万円以上を稼いだ場合、親の扶養に入っている方は扶養控除から除外されるので、自分の給料から住民税所得税が引かれるんです。

  扶養を外れてしまうと、住民税が5〜20万円増える可能性が出てきてしまいます。

税金は誰もが簡単に支払える金額ばかりではありませんので、扶養を外れない程度に給料計算をしたり親に相談したりして、上手にお金のやりくりをしてくださいね。

競合では働けない

ダブルワークを始めたいと考えている方の中には、「同じ業界の職場に勤めたい」と考えている方もいるかもしれません。

しかし、職場によってはライバル関係になってしまいますので、経験が活かせるからといって応募しても雇ってもらえない可能性があるんです。

自分のスキルを活かした職場でアルバイトがしたいと考えている方は、責任者の方などに問題がないかを事前に問い合わせておくと、スムーズに掛け持ち先が決められますよ。

ダブルワークにおすすめの職業3選

ダブルワークにおすすめの職業を紹介します。

数多くの職業がありますが、ピックアップした職業には掛け持ちしやすいメリットがあるものばかりです。

応募する職業に迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.コンビニ

コンビニはどこにでもあるのが大きなポイントです。

自宅から近い場所へ通ったり、バイト先からそのまま近場のコンビニへ向かったり”移動面”で高い利便性があります。

店舗の規模も大きくないので、仕事で覚える内容も早い段階で慣れることができると評判のアルバイトです。

あらゆる時間の求人があるので、掛け持ちしやすいのも魅力でしょう。

2.居酒屋

朝〜昼にかけてアルバイトをしている方が、ダブルワークで稼ぎやすい職業の居酒屋は夕方〜夜の求人がほとんどです。

時給も高単価の店舗が多く、稼ぎたい方には魅力的ではないでしょうか。

居酒屋は、繁忙期のタイミングが読みやすいのでシフトの調節が前もってしやすいのが特徴です。

また、多くの店舗で”まかない”などの特典があるので、普段の食費を少しでも抑えたい方に嬉しい職場となっています。

3.ライブ配信

ライブ配信は、スマホ一つ持っていれば始めることができます。

場所や時間を選ばずにお小遣い稼ぎができ、また、他の職業に比べて労働をする必要がないので、体調を心配せずに稼げるという特徴があります。

報酬は成果報酬システムがほとんどなので、自分がライブ配信を行うほど稼ぎが多くなっていきます。

収入を安定させることは難しいですが、日によってはアルバイトよりも高単価が発生する場合もありますので、刺激的に楽しみながら稼ぐことができちゃいますよ。

スキマ時間にはライブ配信がおすすめ

スキマ時間を利用して、効率よく稼ぎたい方におすすめな働き方がライブ配信です。

移動時間をかけることなくその場で始められるライブ配信は、自分が暇を感じた瞬間に働き始めることができます。

始めた頃は雑談配信に挑戦する方が多く、頑張って盛り上げようとするライバーの一生懸命さに投げ銭を投げてくれるリスナーも多いです。

トーク力はどんどん上達していくので、スキマ時間を見つけては頻繁に配信をすると良いかもしれません。

ライブ配信はスマホ一つで即開始!

ダブルワークにはメリットが多い一方で、稼ぎすぎると税金についても考えなければいけないので注意が必要です。

もちろん、高収入が見込めるライブ配信についても20万円以上の収益が生まれると、確定申告の対象になることは覚えておきましょう。

自宅や外出先で、スマホさえあればどこでも始められるライブ配信は、気軽に楽しみながら稼ぐことができる働き方です。

ダブルワークで職業の選択に悩んでいる方は、すぐに試せるライブ配信を開始してみてはいかがでしょうか。

労働するよりも簡単に稼げるので、大変さをあまり感じずお小遣い稼ぎができちゃいますよ!