YouTuberってどうやって稼ぐの?ライブ配信機能を使った稼ぎ方

「YouTuberになって稼ぎたいけど、どうやったらいいの?」
「配信もできるみたいだけど、収益化の条件がわからない」

これからYouTubeで活躍しようと考えている方はそう思っているのではないでしょうか。

確かにYouTube他の動画投稿サイトや、配信アプリに比べて難しそうなイメージを抱かれがちです。

安心してください!

収益化の仕組みを理解してコツさえつかめば、YouTubeで人気者になりつつ稼ぐことが可能です。

YouTuberは動画投稿者としても、配信者としても稼げるので使わない手はありません。

この記事を読めば、

・YouTuberの稼げる仕組み
・稼ぐための条件
・YouTubeで稼ぐコツ

がわかります。

他の初心者よりも一歩リードできる内容になっております。

ぜひ最後まで読んでみてください。

YouTuberの稼げるしくみ

YouTuberは一体どうやって稼いでいるのでしょうか。

そして、他の動画投稿サイトや配信アプリと何が違うのでしょうか。

まずはYouTubeの稼げる仕組みを見ていきましょう。

広告

有名YouTuberの投稿した動画を見ていると、頻繁に広告が流れて来ると思います。

実はこの広告そのものが収益に繋がっているのです。

視聴者からすれば煩わしい広告ですが、多くのYouTuberのメインとなる収益源です。

視聴者が広告を見ることによって投稿者に収益が発生しており、動画の時間を長くすれば複数の広告を流せます。

また、自分の活動ジャンルによって流れる広告の種類が変化し、単価も変わって来ます。

子供向けのコンテンツは広告単価が低くなる傾向があるので要注意です。

投げ銭

YouTubeにはスーパーチャットと呼ばれる投げ銭機能が付いています。

YouTubeのLIVE配信で、視聴者の方が自由に設定した価格をコメント付きで送ることが可です。

歌ってみたやバンドなどの音楽関連の配信や、ゲーム実況の配信で心を動かされた時、もしくは雑談配信などで視聴者がコメントを読んでもらうために送られたりします。

スーパーチャットは生配信だけでなく、投稿した動画を生配信のように楽しむプレミア公開でも適用されます。

企業とコラボ

YouTuberの中にはYouTubeの機能以外で稼いでいる場合もあり、中にはチャンネルの認知度を生かして企業をコラボして、直接お金をもらう人もいます。

YouTubeの事務所に所属している方が行う場合が多く、広告やスーパチャット以上に稼ぐことができます。

かなり難易度が高いですが、人気を獲得してチャンネルが成長し続ければ無理な話ではありません。

稼ぐための条件

稼ぐ仕組みを完全に理解していても、YouTuberになったばかりだと、残念ながら収益は入ってきません。

一定の基準を満たして初めて稼げるようになるのです。

では一体どうすれば良いのか。

この項目ではYouTubeで収益化するための条件を紹介していきます。

チャンネル登録者数1000人

まずはチャンネル登録者数1000人が必須条件になります。

多くの人たちはこの条件を難しいと感じ、やる前から諦めてしまいます。

「コンテンツを見続けたい」という方が登録するので確かにハードルは高めですが、あなたがこだわりを持って活動を続けていけば、必ず達成します。

YouTubeに限らず、継続してリスナーを楽しませる試行錯誤が大切です。

総再生が4000時間

YouTuberが稼ぐための基準は何回再生されたかではなく、再生された時間が重要です。

直近12ヶ月間の総再生時間が4000時間あり、チャンネル登録者数が1000人達成すれば、収益化の審査を受けられます。

実は4000時間というハードルは意外と簡単で、チャンネル登録者数1000人を突破した時点で気がついたら達成していたという場合が多いです。

コンテンツが収益可能か確認する

チャンネル登録者数1000人、4000再生時間を超えていても、収益化できるとは限りません。

人に迷惑がかかるような過激なコンテンツは収益化できないどころか、チャンネルが停止してしまう可能性があるので注意が必要です。

また、著作権を侵害している動画の収益は、自分のものにはなりません。

自分にしか出せないオリジナリティあるコンテンツで勝負しましょう。

すぐ稼げるようになるコツ

先述した稼ぐための条件の、再生時間とチャンネル登録者数は大きな壁です。

ですがやり方を工夫すれば簡単に超えられます。

この項目ではすぐに稼げるようになるコツを紹介します。

ライブ配信で4000時間はあっという間

配信を頻繁に行なっている方は、4000時間は早い段階で超えられます。

雑談でも実況でも、1時間の配信を100人が見続けていれば、単純に100時間を獲得できます。

配信は動画として残すこともできるので、さらに再生時間を稼ぐことができ、広告収入も入ってきます。

早く稼ぎたい方、将来的に投げ銭が欲しいと思っている方に配信は必須です。

スマホでコツコツ継続していけば1000人到達も夢じゃない

先述した通り、YouTuberになって稼ぐためには継続が必要ですが、どうしてもモチベーションが上がらない時もあると思います。

そんな時はYouTubeのスマホアプリの機能を使って手軽に配信しちゃいましょう。

スマホ内蔵のカメラ、マイクを使ってボタン1つですぐに開始することができ、継続してコンテンツを発信すれば人は集まってきます。

YouTubeはしっかりとした機材が必要だと思われがちですが、実際は配信用の機材を持ってない方でも気軽に始められるのです。

まとめ

YouTuberとして稼げるようになるのは条件がいりますが、どんな動画投稿サイト、配信アプリも稼ぎやすさはさほど変わりありません。

YouTubeは今では芸能人も参入するくらい、昔では比べられないほど多くの人が見るようになったので、むしろすぐに稼げる可能性があります。

なので、あなたが誰にも負けない強みと、YouTubeを継続する力さえあれば、あなたのことを応援してくれる方に必ず出会えます。

配信で活動しようと考えている方は、まずは多くの人が注目するYouTubeから始めてみてはいかがでしょうか。