女の営業は辛い?辞めたいと思っているあなたへおすすめの働き方

営業職についているあなたは、ノルマに追われたり上司に成績のことで注意されたりする職場に疲弊しているのではないでしょうか。

せっかく入社した会社を辞めて、他の職業に再就職する勇気はなかなかすぐに出せませんよね。

「営業が辛い、辞めたいけど次の職を探すのは難しそう」
「どんな職業だったらできそうかな?」

とお悩みのあなたへ、この記事では

・営業を辞めたくなる理由
・営業を辞める方法や注意点
・営業を辞めたい方におすすめの職種や働き方

を紹介します。

仕事を辞める前に、次にどのような職業が自分に向いているのかを把握できれば心に余裕が生まれますよ。

最後まで読むとこれからの目標が見えてくるので、営業を辞めた後のビジョンも浮かびやすいです。

営業を辞めたくなる理由

「営業は向き不向きがある職」と言われているのを、聞いたことがある方も多いかもしれません。

向いていない方が共通して感じている”辞めたくなる理由”を紹介します。

もし、あなたがいくつも理由が当てはまるなら、気が付かないうちにストレスを溜め込んでいる可能性がありますので、次の職探しを検討しましょう。

1.コミュニケーションが上手く行かない

営業といえば、取引先のお客さんとの会話が必要不可欠です。

会話といっても、ただ愛想よく会話のキャッチボールをしたり機嫌をとったりするということではありません。

相手の悩みを引き出し、共感・解決へと導くことが営業には求められます。

普段から誰かと会話しながら「間がもたない」と頻繁に感じることがある方は、営業を続けていくうちに大きな壁と衝突してしまうでしょう。

2.怒られる場面が多い

営業成績で結果を出さなければ上司から怒られる営業は、常にプレッシャーとの戦いです。

売り上げに貢献できなければ「何故できないのか?」と問い詰めてくる上司も多くいます。

一生懸命自分なりに努力しても、利益を出さなければ怒鳴られるだけの職場環境に涙を流すのは女性だけではありません。

また、営業で怒られるのは上司から以外にもお客さんから怒られる場合もあります。

自分が営業で販売した商品やサービスが、お客さんの得にならなければ当然クレームを受けてしまうことも…。

安らげる時間がほとんどないので、徐々に精神がすり減っているはずです。

3.毎月課されるノルマがきつい

営業は毎月、新規契約などを獲得し目標数を達成しなければいけないノルマが大変です。

ノルマが達成できなければ上司に責められ、月末になればまた新たな目標数に向かって仕事をしなければいけないループになっています。

せっかくの休日も、ノルマのことが気になって休まる時間がありません。

同僚が営業成績を伸ばしているのに対し、自分の成績不振と比較してしまいプレッシャーに追い込まれてしまうこともあるでしょう。

4.販売商品に自信が無い

会社で販売している商品や紹介しているサービスに対し「本当に役に立つのかな」と疑問を感じたり、自信のない商品を売ることに罪悪感を感じたりしますよね。

本来、会社の利益を一番に考えなければいけませんが、優しい性格の方ほど購入を勧めることに迷いが生じやすいです。

「このような商品・サービスがありますよ」と紹介するだけで、お客さんの購買意欲を沸かせるような発言ができなければノルマ達成もできません。

一方、売れた場合は「自信が無いのに売ってしまった」という罪悪感を抱えてしまうので、いずれにせよ営業に向かない性格だといえます。

5.同時進行でさまざまな業務がこなせない

営業は商品の販売を客さんに勧めるだけではなく、販売する商品知識を蓄えたり報告書・請求書の作成やアポイントの連絡をしたりと、さまざまな業務を同時に進行しなければいけません。

マルチタスクで効率よく作業が行える方にとって苦では無い仕事量ですが、多くの方が順応することは難しいです。

単純な作業の方がペース配分に迷わず自分に合っている、と感じる方は営業に不向きかもしれません。

営業を辞める方法や注意点

前述で、営業が辞めたくなる理由にいくつも心当たりがあったあなたは、「すぐ職場を変えた方がいい」と感じたはずです。

いきなり上司へ「辞めます」と申し出ても受け入れてもらえない可能性が高いので、辞める方法や注意点をチェックしておきましょう。

まず、部下の話を親身になって聞いてくれる上司がいる場合は現状を相談してください。

”辞める”ということは、人員が減って他の社員にも影響が出てしまうので、上司もすぐに対応できないことは覚悟しておく必要があります。

部下思いの上司ならあなたをいい方向へと導いてくれるはずです。

また、「仕事を辞めたいけど、将来のことが不安」と悩んでいる方は、部署移動も視野に考えてみてください。

営業から離れるだけで、今感じている悩みを全て解決できる可能性もあります。

営業を辞めたい方におすすめの職種や働き方

営業で培った努力や経験が活かせる職と出会えたら、辛かったことも報われますよね。

辞める相談をする前に、これから始められそうな職種や働き方をチェックしておきましょう。

1.人事職

商品説明などをお客さん相手にしなければいけない営業は、会社説明会などで人前に出て話さなければいけない点で人事職と共通しています。

営業のようにノルマは設定されていないので、プレッシャーを感じる場面は大幅に減るでしょう。

個人で目標を達成しなければいけない営業に対し、人事は会社が成果を出すための準備をします。

会社を支えている実感が得られるので、やりがいを持って取り組める仕事です。

2.事務職

資料作成などで培ったPCスキルは事務職で活かすことができます。

営業職のように幅広い作業を求められることも少ないので、コツコツ仕事に取り組みたい方に向いているでしょう。

3.サービス業

お客さんと接することが好きな方は、サービス業がおすすめです。

営業職で身についたコミュニケーション能力を、接客として活かすことができます。

一部の業種では繁忙期になるとノルマが課される店舗もありますが、営業以上のストレスを感じることはほとんどありません。

4.ライブ配信

誰かと会話しながら楽しく稼ぎたいと考えている方におすすめな働き方がライブ配信です。

トークで楽しくなったリスナーからの投げ銭で報酬を獲得する稼ぎ方は、営業トークで商品を購入してもらう働き方と似ています。

営業と異なりノルマも一切ないので、ただ楽しく話しているだけでお金を稼げるのが魅力です。

手軽に始められるライブ配信を体験してみましょう

営業を辞めたいと考えている方へ、さまざまなおすすめの転職先・働き方を紹介しました。

中でも気軽に始められるのはライブ配信アプリです。

スマホにインストールするだけですぐに始められるので、転職・部署異動を考え中の方は副業としてライブ配信を体験してみるといいかもしれません。

人気ライバーになれば、月収数十万超えも可能ですよ。

まずは、アプリをインストールしてライブ配信を試してみましょう。