動画配信で稼ぐにはどうすればいいの?ライブ配信との稼ぎ方の違いは?

YouTubeには面白い動画や勉強になるHow to動画など、さまざまなジャンルの動画が投稿されています。

あなたも日常的に視聴しているのではないでしょうか。

あなたも視聴する側ではなく、自分で動画を配信・投稿する立場になって、動画で稼いでみたいと考えたことはありませんか。

「動画配信(投稿)って難しそう・大変そう」
「動画配信(投稿)って稼ぎやすいのかな?」
「そもそも動画配信(投稿)はどうやって収益化するの?」
「ライブ配信で稼ぐのとどう違うの?」

ライブ配信は”投げ銭”というシステムがあるので、何となく想像しやすいでしょう。

しかし、動画配信(投稿)になるとよくわからないという方も多いはずです。

この記事では、

・動画配信(投稿)で稼ぐ仕組み
・動画配信(投稿)とライブ配信の違い
・動画配信(投稿)・ライブ配信で稼ぐメリットとデメリット

を紹介します。

楽しく稼げる副業として、人気の「動画配信(投稿)」と「ライブ配信」をさまざまな角度からそれぞれ比較します。

最後まで読んで頂ければ、自分の性格に合った稼ぎ方を見つけることが出来ますよ。

ファンと盛り上がって楽しく稼いだお金で、欲しかったものを購入したり、お小遣い稼ぎをしちゃいましょう!

動画配信(投稿)で稼ぐ仕組み

まずは、動画配信(投稿)で稼ぐ仕組みを解説します。

全世界でユーザー数20億人を突破している、最もメジャーな動画投稿サイト「YouTube」を例に確認していきましょう。

1.CMなどの広告収入

「YouTube」を視聴していると、動画を再生する前や再生中にCMが流れることがあります。

視聴中に表示されるCMを「面倒だなあ」と感じる方もいるかもしれませんが、実は広告を出している企業から動画投稿者へ報酬が発生しているんです。

多くの有名YouTuberが稼ぐ方法の一つとして活用しています。

2.アフィリエイト

広告の種類は化粧品のCMやサプリの広告などなどさまざまですが、興味を惹かれてクリックする方もいるはずです。

「YouTube」では投稿者が設定した広告のリンクをクリックする、もしくは購入することにより”紹介料”として収益が発生しています。

従来、アフィリエイトといえばブログ記事に挿入された広告がほとんどでした。

しかし近年、ユーザー数の多い「YouTube」でも取り入れられ、商品レビューを投稿しているYouTuberにも多く活用されているんです。

3.チャンネルメンバーの月額料金

「YouTube」でチャンネルを開設している投稿者が、ファンから月額料金を支払ってもらうシステムのことを「YouTubeチャンネルメンバーシップ」と呼びます。

通常、ほとんどの動画はチャンネル登録していないユーザーに対して公開することが可能です。

メンバーシップを使うと一部の特別な動画を、メンバー料金を支払っているチャンネル登録者のみ視聴可能にすることができます。

動画投稿者は月額料金を90〜6,000円まで価格設定することができ、ファンが支払ってくれた料金から、手数料として3割が引かれた金額を報酬として受け取ることができます。

動画配信(投稿)とライブ配信の収益性の違い

動画配信(投稿)は、投稿した動画の視聴時間や再生回数によって収益が左右されるので、一度投稿した動画が永続的に収益を生み出し続けるのが特徴です。

一方、ライブ配信はリアルタイムでリスナーから贈ってもらえる投げ銭(アイテム)がそのまま収益に直結します。

ただし、利用するライブ配信アプリによって、投げ銭から差し引かれる手数料の割合が異なるので注意しましょう。

動画配信(投稿)で稼ぐ3つのメリット

「YouTube」を例にさまざまな稼ぐ仕組みを解説しましたが、なぜこんなにも多くの人が動画投稿をしているのか、というと動画投稿で稼ぐためのメリットが大きいことが挙げられます。

動画配信(投稿)で稼ぐ主なメリットを3つに絞ってご紹介します。

1.永続的に収益が生まれる

一度投稿した動画は、ユーザーが再生するごとに収益が発生するので放っていても稼ぐことができてしまいます。

さまざまな動画を投稿して、一つでも話題になる動画を投稿することに成功すれば、ファンが定着して他の動画の再生にもつながります。

ライブ配信の場合は稼ぐためには、リアルタイムで配信しなければいけないので、動画配信(投稿)と大きく異なる特徴でもあります。

2.趣味を活かせる

「YouTube」にはゲーム実況や料理・ダイエット方法など、数え切れないジャンルの動画が投稿されています。

例えば、趣味で楽しんでいるゲームを実況することで、初心者の方のプレイの参考になったり、ゲームを買おうか迷っている方の後押しになったりすることがあります。

好きなことをしているだけで、視聴者へ情報提供し、時には心を動かし、行動を起こさせるができるのは、動画投稿者ならではの感動でしょう。

3.動画編集の技術が身にがつく

動画投稿で欠かせないのが、投稿する動画を編集する作業です。

動画編集は、動画を面白くするために必要な作業なので再生数にも影響します。

もちろん、ジャンルによっては無編集で投稿しても問題はありませんし、”編集してはいけない”ゲームなどもあるので注意しましょう。

動画編集ができるようになると、自分が投稿する動画だけでなく、副業で動画編集の仕事ができる可能性もあります!

例えば、結婚式で流すムービーを作成する仕事に携わったり、他の動画投稿者の編集業務を請け負ったり、副業として稼ぐことができるかもしれません。

試行錯誤しながら、納得がいくクオリティの動画を作ることができた時は達成感がありますよ。

動画配信(投稿)で稼ぐデメリット

動画配信(投稿)を収益化するのにはさまざまな条件があり、簡単に達成できることばかりではありません。

「YouTube」では、チャンネル登録者数1,000人以上・動画の総再生時間4,000時間以上が収益化の条件となっています。

手軽に視聴できる長さの動画をたくさん投稿して、総再生時間を突破することで総再生時間を伸ばすことは可能です。

しかし、チャンネル登録者数1,000人以上となるとSNSを駆使するだけでなく、動画の内容にもこだわる必要があります。

時間をかけて、収益化を目指すことが苦ではない方なら、動画配信(投稿)はお小遣い稼ぎに向いているかもしれません。

ライブ配信で稼ぐ3つのメリット

これまで動画配信(投稿)で稼ぐ方法や仕組みについて解説してきましたが、少しハードルの高さを感じたのではないでしょうか。

そこで、動画配信(投稿)よりも比較的、簡単に稼げるライブ配信のメリットを解説します。

ライブ配信には、リアルタイムでリスナーと交流することによる魅力がたくさんあるんです。

近年ユーザー数を増やしつつあるライブ配信アプリで、初心者でも稼ぎやすいのは何故なのかをチェックしていきましょう!

1.スマホ一つでいつでもどこでも稼げる

ライブ配信は、アプリをスマホにインストールするだけで開始することができます。

いつでもどこでもスマホさえあれば配信できるので、投げ銭がもらえればすぐお小遣いを稼ぐことができちゃうんです。

PCやライトなどの機材は必要なく、配信に慣れてきて演出にこだわりたいと感じた頃に購入するだけでOKです!

2.雑談を楽しむだけでも稼げる

動画配信(投稿)はさまざまなジャンルが存在するのに対し、ライブ配信アプリの基本は雑談になります。

リスナーと交流を楽しみながらもらったコメントに相槌を打ったり、投げ銭にリアクションを返したりするだけでも報酬につながるんです。

多少のトーク力は必要になりますが、配信を重ねるごとに確実に実力はついていきますので焦らず続けましょう。

雑談配信にも慣れてきてマンネリを感じた時は、カラオケ配信やコスプレ配信などをしてみるのもおすすめです。

3.収益化までが早い

リスナーとの時間を共有しながら行うライブ配信アプリは、投げ銭をもらった瞬間に収益が発生します。

5,000円以上のポイントを稼ぐことができれば換金できるアプリがほとんどです。

あなたのライブ配信やあなた自身を「楽しい」「応援したい」と感じてくれるリスナーを獲得することができれば、すぐにお小遣いを稼ぐことができちゃいます。

ライブ配信アプリで稼ぐデメリット

ライブ配信アプリで稼ぐデメリットを解説します。

動画配信(投稿)とは異なるライブ配信は、基本的に”顔出し”のユーザーが多いです。

ライバーの見た目重視で視聴するかどうかを考えるリスナーも多いので、身だしなみには常に気を配らなければいけません。

顔出しではなくてもライバーとして活動することは可能ですが、リスナーの集客は特殊な企画などではない限り難しいでしょう。

また、ライブ配信を行わなければ稼げないこともデメリットの一つです。

配信を行わない日に投げ銭は獲得できませんし、休む日を長く取ってしまうほど応援してくれるファンは減っていってしまいます。

なるべく毎日ライブ配信を行うことに、ストレスを感じない方が向いている副業かもしれません。

試しやすいのはライブ配信

動画配信(投稿)とライブ配信を比較しながら収益化について紹介しました。

誰でも気軽に始めやすいのは、やはりスマホ一つで実行できるライブ配信です。

すぐに収益化が可能なので、毎日1時間以上確保できる方にはもってこいの副業となっています。

たくさんのライブ配信アプリがありますので、「お小遣い稼ぎがしたい」と考えている方は色々な配信アプリをインストールしてみるといいかもしれません。

自分の配信スタイルに合ったアプリを利用して、収入をさらに増やしちゃいましょう!