【ライバー必見】投げ銭を稼ぐための4つのコツと稼げるライブ配信アプリ5選

【ライバー必見】投げ銭を稼ぐための4つのコツと稼げるライブ配信アプリ5選

「ライバー」の一番の収益といえば、ライブ配信の「投げ銭」で稼いでいるイメージがあるでしょう。

しかし、実際にライブ配信をしてみても、

「視聴者はあつまっててもなかなか投げ銭されない…」
「投げ銭を稼ぎやすいアプリがないかな?」

と悩むかもしれません。

どうやったら投げ銭を上手に稼げるのかわからないですよね?

そこで今回は、ライブ配信の投げ銭の稼ぎ方について以下のことについて詳しく解説していきます。

この記事で紹介すること
・投げ銭をもらうコツ
・投げ銭で稼ぎやすいオススメのアプリ

この記事を読むことで、効率的にライブ配信で稼げるようになりますよ。

稼げるようになれば、スマホ1台で自分の好きなタイミングで会社員以上の給料をゲットすることもできます。

多くの投げ銭を集めると、月に100万円以上稼ぐこともできます!

ライブ配信の投げ銭で稼ぐ4つのコツ

今回紹介するライブ配信の投げ銭で稼ぐコツは4つあります。

どれも初心者から実践できるものです。

ライブ配信の投げ銭で稼ぐコツを把握して、すぐに実践しましょう。

投げ銭をもらえると、アカウント自体の評価も高まり、さらに効率よく稼ぐことができるようになりますよ!

ライブ配信を継続する

ライブ配信で稼ぐには、配信を継続することが重要です。

ライブ配信を続けることによって、固定ファンを増やし、投げ銭の獲得に繋がります。

初心者がいきなりファンを獲得するのは難しいかもしれません。

しかし、投げ銭をしてもらうためにはファン作りは必須です。

ファンがいることで、安定した視聴者の獲得やライブ配信の盛り上がりに繋がり、投げ銭を稼ぐことができます。

不安かもしれませんが安心して下さい。

継続的にライブ配信をすることで、誰にでも投げ銭で稼ぐチャンスはあります!

他の仕事と同様、投げ銭で稼ぐには継続が大切です。

配信時間帯を固定する

投げ銭で稼ぐには、毎日の配信する時間帯を固定しましょう。

配信時間帯を固定すると、固定ファンを獲得しやすくなり、結果として投げ銭で稼ぐことに繋がります。

逆に、配信時間を固定しないと、一度みた視聴者がもう一度見に来る可能性が減ってしまうので、ファンが付きにくくなってしまいます。

また、ファンだった人も離れてしまう原因になるので、投げ銭を稼ぐチャンスが無くなっていってしまいます。

自分の生活リズムも作りやすくなるので、まずは「◯時~◯時の一時間は必ず配信する!」など予定を決めてみましょう。

SNSで告知する

ライブ配信をする前に、TwitterやInstagramなどのSNSで告知しましょう。

自分のアカウントやライブ配信する日時・内容などを事前に知らせることで、ファンはライブ配信の見逃しを防ぐことができます。

また、SNSを通じて新たなファンの獲得にも繋がるでしょう。

SNSの活用次第では、投げ銭での稼ぎを増やすことができます。

SNSで告知文を投稿するだけなので、面倒な手間はかかりません!

自分に合った配信アプリを選ぶ

ライブ配信の投げ銭で稼ぐには、自分に合った配信アプリを選びましょう。

ライブ配信アプリには、さまざまな種類があり、それぞれの特徴によって「投げ銭で稼げるか」変わってきます。

自分に合ったものを選ぶことで、投げ銭で効率的に稼ぐことが可能です。

とはいえ、多くの種類がある配信アプリの中から、自分に合ったアプリを選ぶのは難しいでしょう。

投げ銭で稼げるオススメアプリについては、次章で詳しく紹介します。

投げ銭で稼げる!還元率の良いアプリ5選

ライブ配信の投げ銭で稼ぐコツを紹介してきました。

あとは実践するのみです。

ここでは、さまざまな配信アプリの中から、投げ銭で稼げる還元率の良いアプリ5選を紹介します。

それぞれの特徴を理解し、自分に合いそうなものがあれば、すぐにライブ配信を始めましょう!

Hakuna Live(ハクナライブ)

ライブ配信アプリの中で、最も還元率の高いアプリがHakuna Liveです。

最低還元率は82%とダントツで高く、イベントを活用すれば最高で100%の還元率になることもあります。

イベントが豊富なのが特徴で、初心者向けが参加できるイベントも多数!

初心者でも投げ銭で稼げるライブ配信アプリです。

Pococha(ポコチャ)

Pocochaは、大手IT企業Denaが運営しているライブ配信アプリです。

ただし、Pocochaには投げ銭システムがありません。

投げ銭システムがないかわり、配信時間やライブの盛り上がり度合いに応じて、ポイントが付与され、換金することができます。

配信するだけでもポイントがもらえるので、初心者でも気軽に稼ぐことが可能です!

配信するだけで稼げるアプリはPocochaだけなので、登録しておいて損することはないでしょう!

ふわっち

ふわっちは、ユーザーの年齢層が高く、投げ銭をしてもらいやすいのが特徴のライブ配信アプリです。

ライブ配信している人のほとんどが所属のない「フリーライバー」のため、初心者でも人気ライバーになることもできます。

還元率は35%〜50%と、一般的なライプ配信アプリよりも高く設定されているのも魅力!

ふわっちは、初心者でも投げ銭で稼げるライブ配信アプリです。

BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEは、世界で2億人のユーザーを誇るライブ配信アプリです。

これまで紹介したアプリとは異なり、世界中の人々に向けてライブ配信ができます。

初心者でも、世界の誰かにハマれば投げ銭で一気に稼ぐことも夢ではありません!

翻訳機能があるので、海外ユーザーとのコミュニケーションも安心です。

還元率は、20%〜30%とやや低めです。

17LIVE

17LIVEは、台湾発の日本でも人気のライブ配信アプリです。

アジア圏を中心に4500万ユーザーがいるので、投げ銭で稼げます。

稼いでいるライバーにもなると、月1,000万円を超えることもあります!

また、公式ライバーになることができればライブ配信の成長やイベントなどの仕事をくれたりするので、より稼げるチャンスを掴むことができます。

還元率自体は、10%〜30%とやや低めですが、夢のあるライブ配信アプリです。

まとめ

ライブ配信は、いくつかのコツをおさえれば初心者でも投げ銭で稼ぐことが可能です。

継続的にライブ配信することで稼ぐことができますね。

稼げることで、今までは買えなかったブラント物のバックや服を買えますよ。

今回紹介した稼げるライブ配信アプリの中から、自分に合いそうなものを選び、早速始めてみてください!