【徹底比較】ライブ配信アプリの手数料?知らないと損する仕組みを紹介

【徹底比較】ライブ配信アプリの手数料?知らないと損する仕組みを紹介

稼げるライブ配信アプリが注目を集めつつありますが、その種類は20種類を超えてどんどん増えています。

ライバーとして稼ぎたいと考えている方は、投げ銭が手数料で減らないライブ配信アプリがどのアプリなのかわからないですよね。

「どのライブ配信アプリが一番稼げるんだろう?」
「手数料の少ないアプリってあるの?」

と、高収入を稼ぐことができるライブ配信アプリを探している方へ。

この記事で紹介すること
・ライブ配信アプリ5つのユーザー層・投げ銭・手数料を比較
・ライブ配信アプリで稼ぐためのコツ3つ

楽しく稼ぐことができて高収入なアプリが見つかったら、ライバー活動も長続きすることができちゃうんです。

自分に合ったライブ配信アプリを使って、お小遣い稼ぎを楽しくしちゃいましょう!

欲しかったバッグやアクセサリーを我慢せず購入するチャンスです。

ライブ配信アプリの違い

さまざまなライブ配信アプリが存在しますが、全て平等に稼げるというわけではありません。

ライブ配信アプリごとにユーザー層や、投げ銭の金額・されやすさ、手数料などが違うんです。

例えば、ユーザー層の違いがあります。

「このアプリ、人気だから自分も始めてみよう!」とアプリをインストールしたとしましょう。

リスナーたちのコメントが多く賑わっても、ライバーがコメントの質やノリについて行くことができなければ、心からライブ配信を楽しむことはできませんよね。

そして「投げ銭の金額・されやすさ」は、ライバーの報酬に直接つながるので、自分がライバー活動をする際にしっかりリサーチする必要があります。

また、投げ銭をリスナーからもらった際にかかる手数料についても注意が必要です。

ライバーの報酬として全額獲得することができるのか、または何%がシステム手数料として差し引かれてしまうのかは、アプリによって設定が異なります。

投げ銭の還元率が高いアプリを選んで、トップライバーを目指せば旅行や高級レストランにも行けちゃいますよ!

ライブ配信アプリのユーザー層・投げ銭・手数料を比較

大手や注目しておいて損はないライブ配信アプリのユーザー層・投げ銭・手数料を徹底調査して詳しくまとめました。

大手だけでなく、近年注目を集めているライブ配信アプリの特徴なども、トップライバーが少ないうちに抑えておきたいですよね。

自分が始めてみたいライブ配信アプリが見つかっていない方は、ぜひ参考にしてみてください!

1.「17Live(イチナナ)」

台湾発のライブ配信アプリ「イチナナ」のライバーは、10〜30代の女性が多く活躍していてアジア圏の海外ユーザーも利用しています。

芸能人のイチナナライバーはあまりいないため、一般のユーザーが目立つことのできるライブ配信アプリ。

「イチナナ」では顔出しメインのライブ配信が盛り上がり、初心者ライバーでも”初月から稼げるアプリ”と評判!

ちょっとしたお小遣いがすぐ欲しい方にオススメのアプリです。

ユーザー数は4,500万人超えなので、ギフト(投げ銭)をくれるリスナーが多いことも嬉しいポイントですよ。

ちなみにギフト(投げ銭)の約50〜70%が手数料として引かれるため、ライバーへの還元率は15〜30%です。

トップライバーになると、月収100万円以上稼ぐことも夢じゃありません。

2.「Pococha(ポコチャ )」

2017年に株式会社DeNAがリリースしたライブ配信アプリ「ポコチャ 」は、10〜20代の女性に愛用されています。

まだまだユーザー数は少ないですが、人気急上昇アプリとして近年Google Playの売上ランキング上位をキープし続けているライブ配信アプリです。

ダイヤの換金率は1ポイント=1円で100%なので、手数料で引かれる心配はありません。

さらに初心者ライバーには嬉しい、配信時間によってもらえる”時間ダイヤ”というものもあります

ライバーランクによって”時間ダイヤ”の報酬額は上昇するので、コツコツ配信したい方にオススメです。

ユーザーもまだ「イチナナ」ほど多くはありませんので、トップライバーになりやすいのも魅力の1つ。

トップライバーの平均的な月収は50万〜100万円です。

3.「ふわっち」

2015年に株式会社A Inc.がリリースしたライブ配信アプリ「ふわっち」は、20代〜40代と幅広い年齢層のユーザーが活躍しています。

ライブ配信アプリには珍しく”手数料50%”と明記していて、ライバー報酬が50%という高い還元率が「ふわっち」の魅力なんです!

雑談配信だけでなくゲームや音楽の配信ジャンルも賑わっているので、「ニコ生」出身の配信者やリスナーに好評のライブ配信アプリ。

ユーザー数は多くありませんが、アプリ売り上げは3位に輝いたこともあるので、今後さらに発展の見込みがあるでしょう。

トップライバーの月平均報酬額は約100万円!

数少ないリスナーがライバーへ贈るギフト(投げ銭)額が大きいのかもしれません。

4.「BIGO LIVE(ビゴライブ)」

シンガポール発のライブ配信アプリ「ビゴライブ」は、全世界に2億人以上のユーザーがいて業界でもトップレベルで盛り上がっているアプリです。

東南アジア圏のライバーが多く活躍していて、近年では盛んな広告活動により日本のユーザーも増加傾向にあります。

手数料は70〜80%と設定されているため、ライバーの報酬還元率は約20%です。

中には「還元率低いな…」と感じる方も多いかもしれません。

しかし、配信してみたいライブ配信アプリの検討から外してしまうのは、まだ早いんです!

「ビゴライブ」は”チップ文化”の盛んな海外ユーザーが多いので、固定のリスナーを獲得すればたくさんのギフト(投げ銭)を獲得することができちゃいます。

外国語が話せないライバーでも、翻訳機がライブ配信画面に設定されているため安心して配信を楽しむことが可能です。

英語が堪能なライバーなら、初めから高収入を狙えるチャンス!

トップライバーの月平均報酬額は約40万円となっています。

5.「HAKUNA Live(ハクナ)」

2019年7月、日本に上陸したばかりのライブ配信アプリ「ハクナ」は、声だけでライブ配信を行うことができるラジオ感覚の配信アプリです。

大手のライブ配信アプリは”顔出し”のライバーが活躍している印象も強く、「興味はあるけど始めるのに抵抗がある…」という方も多いのではないでしょうか。

「ハクナ」は”声で稼ぐことができる”ので、顔出しに不安がある方にオススメのアプリなんです!

トーク力に自信がなくても、配信中リスナーに参加してもらう機能があるので盛り上がるトークをリスナーに視聴してもらうことができちゃいますよ。

そんな「ハクナ」の気になる手数料は、2020年7月時点で約38%となっていますが、キャンペーン開催中は80〜100%獲得できます。

トップライバーの月平均報酬額は約100万円です。

ライブ配信アプリで稼ぐためのコツ3つ

どのライブ配信アプリでライバー活動を始めても、共通して稼ぐためのコツがいくつかあります。

コツは、誰でも始めた日から真似できる簡単なことばかりなので、積極的に意識してリスナーの定着に役立ててみてくださいね。

1.継続的にライブ配信を行う

ほとんどのライブ配信アプリに共通して言えることですが、ライバーの収入は知名度やリスナーの集客力に左右されます。

固定リスナーを獲得するために心がけなければいけないことは、決めた時間に毎日ライブ配信を行うことです。

同じ時間に配信を行えば、一度視聴してくれたリスナーがリピートして翌日も参加してくれる確率が高くなりますよ。

2.長時間の配信を行う

ライブ配信は自分の好きな時間・場所で行えることが魅力の一つですが、報酬を獲得するためには長時間の配信も効果的です。

配信時間を長く取ることで、さまざまな時間帯にログインしているリスナーに気がついてもらえるので、より大勢のリスナーの獲得につながります。

3.リスナーのコメントを丁寧に拾う

ライブ配信中に参加してくれたリスナーへの挨拶や、コメントには丁寧に反応しましょう。

例えば、憧れのライバーが自分のユーザー名やコメントに反応をくれたら嬉しくなりますよね。

「また視聴しに行ってみよう」と思ってもらえるように、丁寧な対応を心がけることがポイントです。

「初心者ライバーに呼ばれても…」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、ほとんどのリスナーは一生懸命反応してくれるライバーに好印象を持ちますよ。

自分の配信スタイルを想像して始めてみよう!

ライブ配信アプリごとにさまざまな特徴や、ライバーたちの個性があります。

アプリを使用しているユーザー層や投げ銭の手数料などを比較しながら、自分に合ったライブ配信アプリでお小遣い稼ぎを始めちゃいましょう。

最新機種のスマートフォンや高級な腕時計など、欲しい商品の値下げを待たずに購入できるようになりますよ!