【徹底解剖】ライバーって実際いくら稼いでるの?気になる年収は?

本当に稼げるの?ライバーの収入と初心者でもできる稼ぎ方を徹底解説!
「ライブ配信ってすごく稼げるって聞いたことがあるけど、実際はどれくらい稼げているのかな?」

「トップライバーの人たちは一体どれくらい稼いでいるんだろう?」

「副業で始めてみたいんだけど、稼ぐためには何したらいいんだろう?」

ライバーは稼いでるって噂だけど、実際どれくらい稼いでいるのか気になりますよね。

実は、大人気のトップライバーになれば、その年収は想像を遥かに超えるのです。

この記事では、ライブ配信で稼ぐ仕組みやライバーの年収例を紹介します。

合わせて、ライバーとして高年収を狙うために必要なことも解説するので、すぐに稼ぐためのライブ配信が始められるようになります。

ライブ配信を始めてみようと思ってあと一歩が踏み出せていない方や、ライバーの年収を知って目標にしたい方は、ぜひ最後まで読んでライバーへの第一歩を踏み出してくださいね。

ライブ配信で稼ぐ仕組みは?

ライバーで高年収を獲得することを目指す前に、ライブ配信で稼ぐ仕組みを確認しましょう!

ライブ配信で稼ぐ仕組みは様々ありますが、主な収入源は視聴者からの投げ銭で、投げ銭が増えれば増えるほどライバーの収入は上がります。

事務所に所属したり、公式ライバーとなったり人気ライバーになればボーナスなどの報酬を得られますよ。

ライバーはどれぐらい稼げる?ライバーの年収をチェック!

ライブ配信で高年収を得ているライバーは、まさに憧れの存在ですよね。

実際、トップライバーはどれくらいの収入を得ているのでしょうか?

・トップライバー

・中堅ライバー

・副業ライバー

以上の3つに分けて、大まかな年収の目安を紹介します。

トップライバーの年収例

各プラットフォームのトップライバーの平均年収はおよそ数千万円です。

ですが、トップライバーともなれば活動の幅も広がり、年収はまさに天井知らずです。

ライブ配信から派生した活動を含めると、年収が億越えしているライバーも珍しくありません。

優れたライバーは、将来的にエンタメ界の中心を担えます。

ライブ配信の市場規模は年々拡大していて、今後もライバーの活躍の場は増えていくと予想されています。

トップライバーの年収は活躍の場面に応じてさらに伸びていきますよ。

中堅ライバーの年収例

中堅ライバーの平均年収は大体数百万円です。

そのサービス内ではある程度知名度があり、毎回の配信で多くの投げ銭を必ず集める方が、中堅ライバーと言えるでしょう。彼らの年収はおよそ100万円~800万円で、平均は450万円程度になります。

トップライバーは人気実力ともにまさに一握りなので、多くのライバーは安定して中堅程度の収入を得られるように目指しています。

中堅レベルのライバーになるためには時間も実績も多く必要になりますが、決して夢物語な数字ではありませんよ。

副業ライバーの年収例

副業ライバーの年収は実に様々で、数万円~数十万円です。

副業でライブ配信を行う場合、本業の時間を考慮する必要があるため、配信時間も多くなく、専業ライバーと比べて収入はどうしても少なくなってしまいます。

しかし、副業ライバーは本業の収入に+αすることや趣味として楽しみつつ収入を少し得ることを目標としています。

そのため、かける時間と収入のバランスは一番手頃で、誰でも達成しやすい額ですよ。

ライバーとして高年収を稼ぐために必要な力とは?

ライブ配信で稼ぐ仕組みやライバーの実際の収入額を知ったところで、気になるのはライブ配信で稼ぐために必要な力ですよね。

ここでは、ライブ配信で高年収を狙うために必要なことを紹介します。

・毎日配信を継続すること

・SNSをフル活用すること

・視聴者とのコミュニケーションを積極的にとること

まずは副業で稼いでみたいという方にも必見の内容なので、ぜひ最後まで確認してくださいね。

毎日配信を継続すること

ライバーとして高年収を稼ぐために必要なことの1つ目は、毎日配信を継続することです。

毎日配信している人気ライバーは珍しくありません。

どんなライバーでも1日最低1時間は配信を行っています。

ライバーを始めて間もない頃は、まだ認知度も低く固定ファンもいません。

そのため、少しでも認知度を上げて固定ファンをつけるために毎日配信の継続は必須条件です。

また、少しでも多く固定ファンをつけるために毎日決まった時間に配信することを意識してみてください。

毎日決まった時間に配信を行えば、視聴者に覚えてもらえる可能性がぐっと高くなり、ファン獲得に繋がりますよ。

SNSをフル活用すること

ライバーとして高年収を稼ぐために必要なことの2つ目は、SNSをフル活用することです。

ライバーとして知名度を上げるためには、SNSでの拡散が欠かせません。

ライブ配信の視聴者は、SNSを頻繁にチェックしています。

SNSを活用して情報発信を行うことは、新たなファンの獲得にも繋がりますよ。

SNSはライバーにとって、ライブ配信のプラットフォーム以外の“顔”となります。

ファンの獲得やライブ配信の広告塔として利用できるSNSを活用しない手はありません。

また、SNSはファンとのコミュニケーションの場にもなるので、ぜひ認知度を上げるために取り入れてみてくださいね。

視聴者とのコミュニケーションを積極的にとること

ライバーとして高年収を稼ぐために必要なことの3つ目は、視聴者とのコミュニケーションを積極的にとることです。

ライブ配信の最大の特徴は、リアルタイムで視聴者と交流できることです。

リアルタイムでコミュニケーションを取ることで、視聴者はライバーに親近感を抱きますよ。

親近感がもてるライバーはファンもつきやすく、人気も高まりやすいです。

稀に塩対応でもファンが多く大人気のライバーもいますが、やはり視聴者との積極的なコミュニケーションは人気に繋がりますよ。

まとめ:まずは副業から小さく始めてみよう!

トップライバーの年収を知って、「夢がある!」と思いましたか?それとも「自分には無理・・・」と尻込みしてしまいましたか?

確かに、トップライバーになり数千万円の年収を得るのは難しいです。

しかし、ポイントやコツを押さえて毎日継続することで、年に数十万円の副収入をライブ配信を得ることは可能です。

月に数万円の副収入があれば、今よりも暮らしが少し豊かになって幸福度が増しますよ。

憧れのライバーとして副業を始めて、今よりも暮らしを少し良くしてみませんか?