人気ライバーになるにはまずコレをしよう。5つのコツとファンの作り方

人気ライバーになるにはまずコレをしよう。5つのコツとファンの作り方

ライブ配信を初めてみたものの、いまいち伸び悩んでいる…

数あるライバーの中でどうすれば人気が出るのか分からないなど、出だしでつまづいてしまうことってありますよね。

確かに人気ライバーになるのはそう簡単なことではありません。

今回の記事では、そんな初心者ライバーに向けた以下のことについてご紹介いたします。

この記事で紹介すること
・人気ライバーになるための堅実な方法

人気になったライバーの共通点や人気になるためのコツ、さらには『一番手堅い方法』もお教えしますので、いつもより多くの視聴者とライブ配信を楽しめるようになります。

ファンが増えて人気になれば、収入が増えるだけでなく、活躍できる場所も増えます!

人気になったライバーの共通点とは?

ライバーとして人気になった人たちには、ある程度の共通点が存在しています。

当たり前のことに感じるかも知れませんが、徹底してやるのは案外難しいものです。

今回は、特に見られる共通点を3つご紹介します。

しっかりと身に付けて、ライバーとしての実力を高めて行きましょう。

配信の内容が分かりやすい

人気になったライバーの多くが、配信の内容をタイトルに明記しています。

『○○をする』や『○○配信!』など、配信一覧の画面でも一発で分かるようにしているのが特徴です。

人気になった後であれば、あえて分かりにくい奇抜な名前の配信を始めても人が来てくれるので問題ありませんが、ほとんどの配信タイトルは『わかりやすさ』を重視している傾向にあります。

できるだけ、配信のタイトルで中身が分かるように心掛けましょう。

また、タイトル通りの配信を意識するようにできるとベストです。

タイトルが分かりにくいと視聴者も「覗いてみよう!」とはなりにくいのです。

捉えるべきファンを理解している

人気になったライバーは自分の強みを理解し、かつ自分が捉えるべき視聴者層を理解しています。

例えば、美男美女のライバーであればその視聴者層の多くは美しいものが好きだったり、美容に興味がある人でしょう。

なので、人気になるライバーはその層をファンとして獲得するためにその分野に対して努力をします。

ゲームや歌が上手なライバーであれば、その視聴者は見た目よりもその技術に興味がある人がほとんどです。

一方で、ただ漫然と配信を繰り返すのは人気ライバーになる方法として非効率といえます。

自分には何を求められているのか、どんな人がファンになってくれるのかを意識しながら配信を行うのが良いでしょう。

リスナーを一番に考えて活動する

リスナーを大事にし、楽しませようとすることも大切です。

そんなのやってるよと思うかもしれませんが、常にリスナー第一で活動できているでしょうか?

・投げ銭をしないリスナーにも不平等にならないよう接する
・人数が少ないときでも普段と同じぐらい盛り上げる
・ファンを裏切るようなことはしない…etc

あげるとキリが有りませんが、リスナーやファンがさめるのは一瞬です。

そうならないよう行動し続けているからこそ、人気ライバーはずっと応援されているのです。

すぐに試すべき5つのコツ

人気になったライバーの共通点は知ることができました。

あとはそれらを踏まえてライブ配信をするだけです。

ですが、少しだけ待ってください。

初心者ライバーから人気ライバーとしてレベルアップするために、今すぐ実践できる5つのコツをご紹介します。

①聞き取りやすい喋り方を意識してみる

ライバーとして人気になるために、自分がアナウンサーになったような気持ちで発声練習をしてから配信を行ってみてください。

声の通りが良くなれば、雑談するだけの配信にも多くの視聴者が付くでしょう。

自分の好きなことを話す時は無意識に早口になってしまったり、嫌なことを喋る時は小声になってしまったりしませんか?

こういった細かな点でも、視聴をやめてしまう人は少なからず存在します。

言葉を口にするのを意識したことはあまりないと思いますが、とても大事です。

②コメントしてくれる人の名前を呼ぶようにする

コメントを読み上げる際は、必ずその視聴者さんの名前を呼ぶようにしましょう。

自分がライブ配信を視聴するとき、コメントをすることもあるはずです。

返事をもらえると嬉しいですよね。

ただ返事をもらうのも嬉しいですが、名前を呼ばれるともっと嬉しいもの。

なぜならそれは、ちゃんと「自分のコメントが読んでもらえた」とはっきり分かるからです。

また、名前を呼ぶ習慣をつけることで自分が視聴者を覚えることに繋がります。

何度も自分のライブ配信を見てくれて、そこからファンになってくれる人の名前を覚えておくことは、人気ライバーになるために必要な手順のひとつです。

名前を呼ぶということは、ライバーにも視聴者にも両方にメリットのある良い方法といえます

③落ち込んだ話を配信してみる

なるべく楽しい配信を心がけるのは大事ですが、だからこそ落ち込んだ話、辛かったときの話をしてみるのは良い手です。

もちろん、毎日のように悲しい話をしては悪印象になってしまいますが、週に何回か程度であればむしろ人間味があって、好感触だと感じる人が多いでしょう。

時にはその話を馬鹿にされたり、こうすればよかったのにと心無い言葉を受けてしまうかもしれません。

ですが、それはむしろラッキーです。

そういった人にはムキにならずに、それを笑いのネタにするくらいの勢いを持って接するのが良いでしょう。

誰にでもある辛い話をあっけらかんと話すことで、悩みを持つ視聴者の心に勇気を与えることもあり、そこから自分を好きになってくれることもあります。

あまりに重い話や辛い話は自分にも大きな負担がかかるのでオススメしませんが、例えば『財布を落としてしまった』程度の話であれば笑い話として昇華できるはずです。

ただ馬鹿にしたいだけの視聴者も、ライバーの懐の深い対応に惚れてファンになるかもしれません。

④特技を披露してみる

あなたが人に自慢できる特技を持っているなら、今すぐそれを披露するべきです。

どんなことでも構いません。

珍しい特技の方が他ライバーにライバルがいないのでスムーズに人気ライバーになれるかもしれません。

自分では当たり前になってしまった技術、ありませんか?

そんな特別なものじゃないし…と思ってしまうかもしれませんが、実は案外すごいことだったりします。

ライブ配信の花形とも呼べる歌唱力や楽器演奏じゃなくても、特技は特技です。

自分では思いつかないという人も、友達や家族に自分の特技を聞いてみると、思いがけない特技が見つかることがあります。

⑤視聴者を友達だと思って接してみる

思い切って、視聴者全員を自分の友達だと思って接してみましょう。

友達のようにフランクな対応をすることでコメントのしやすいライブ配信になり、沢山のコメントがあればそこから配信を覗きに来てくれる人も現れます。

初心者ライバーにありがちなのは、自分を見てくれる視聴者と壁を作りすぎてしまうことです。

それは、ライバーの意識としては確かに正しいかもしれません。

ですが、へりくだりすぎてはいませんか?

自分自身やライブ配信は魅力的なのに、視聴者となんだか距離が遠すぎてとっつきにくいと思われてしまっては元も子もありません。

もちろん、限度を理解することも大事です。

友達として接するとしても、あまりに近すぎてつい相手を馬鹿にしてしまったり、初見としてコメントをしてくれた人相手にも同じ対応をしてしまっては離れていってしまうという可能性も考慮しましょう。

事務所も視野に入れるべき!

手間なく確実に人気になりたいのであれば、事務所入りやそこで開催されるイベントに参加するというのも視野にいれるべきです。

特に事務所に入るという選択肢は、人気ライバーになる『一番手堅い方法』といえます。

確実に人気になるために、事務所入りも検討してみましょう。

まとめ

人気になるための数あるコツの中で、もう既に実践しているものがあったかもしれません。

どの方法も爆発的に人気が出るわけではない、ということを覚えておいてください。

何よりも良い方法は、やはり『事務所に入ること』です。

所属ライバーとして人を募集している所は沢山ありますので、まずは応募から始めてみましょう。

応募してみた話を自分の配信でしてみるのも、とても楽しそうだと思いませんか?

人気ライバーになるために頑張りすぎて、楽しむことを忘れないようにしましょう!